<< コーヒー 寒川義雄 >>

黒七味

先日の京都旅行で買ってきた黒七味です。
黒七味(くろしちみ)は、京都の七味として有名な調味料で、香煎を作っている原了郭(はらりょうかく)というお店の漢方処方から出来上がった七味と言われています。
黒七味の原料は、唐辛子、山椒(さんしょう)、白胡麻(しろごま)、黒胡麻(くろごま)、芥子(けし、ケシの実)、麻の実(あさのみ)、青海苔(あおのり)、青紫蘇(あおじそ)が使われています。
これらの原料を炒った後、手で丁寧にもみ込んで香りを引き出し、濃い茶色に仕上げます。そのため、他の七味と香りが違い、食べるとヒリヒリとした山椒の辛みがあるのが特徴の調味料となっています。また黒七味は、原料の持つ油分がにじみ出て、独特のしっとりとした手触りになっています。
黒七味は、うどん、蕎麦などの麺類などの薬味としてよく使われます。また夏場であれば、冷やっこ、冬場であれば、鍋やおでんにも向きます。

店では、牛とか豚筋の煮込み料理、雑炊、煮麺などに使っています。
昔勤めていた蕎麦屋では、鴨せいろや地鶏蕎麦(炭で焼いた地鶏を出汁に入れて少し煮込む)に使っていました。

風味がよくてとても重宝していますemoticon-0105-wink.gif
a0267855_10314972.jpg

[PR]
by shin7300 | 2012-05-27 10:33 | 日々のこと
<< コーヒー 寒川義雄 >>