<< もう。。。 たらいの水哲学 >>

私の師匠


a0267855_10562432.jpg


アルバムを見る時に必ず見るのは、18歳の時から勤めていた旅館の料理長の料理の写真です。

とても芸術性に優れていて、美味しくて10年経った今見ても新鮮です。
まだ右も左も分からない時に父親のように愛情をそそいでくれました。
今でも「おやっさん」と言っているのですが、一生おやっさんだと思います。

周りの旅館の料理長や料理人からも慕われていて、人望もあってすばらしいなと思っています。
知り合いの料理人が結婚する時は、細工寿司を作ったり、冬瓜に細工(龍を包丁で彫ったり)
をしたり本当に料理人として初めて出会えてよかったなとつくづく思います。


人との出会いは偶然であり必然だとも思いますが、広島〜大分に両親がたまたま旅行に行っていて、その時にお願いしてくれた人からの紹介だったので、いまだに不思議だなと思います。

あの頃感じたワクワク感を忘れる事なく料理をしていきたいと思います018.gif
[PR]
by shin7300 | 2012-05-31 11:02 | 料理 | Comments(1)
Commented by アツシ at 2012-06-01 06:43 x
出会いって大切ですね。
これからも良い出会いがありますように。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< もう。。。 たらいの水哲学 >>