<< 晩酌 解禁2日目 小イワシ >>

植本わさび園

a0267855_3241342.jpg
 6月10日の日曜日の事、広島の吉和にある植本わさび園さんに行ってきました。

梅雨に入っていたので、天気が気になっていたのですが、晴れて同行したスタッフの日頃の行いが良かったのかと、ホッとしました。

市内から高速など使い1時間20分位で着きました。

店で初めてお会いした時になぜか行ってもいいですか?といきなり聞いた覚えがあります。
こころよく受け入れてくださり、5月の終わり頃がいいよとも言ってくれていました。

a0267855_3252365.jpg
店舗があるのですが、店の佇まいもさることながら、中に入ってすごい!と思いました。
店内の木は栗を殆ど使っているみたいで、栗御殿でした。
こんな家に住みたい!っていう感じでした006.gif

わさび産地といえば伊豆っていう感じがするのですが、昭和初期〜50年代頃は京都の料亭の料理人や市場が味を一番高く評価し、市場最高値で取引されていたそうです。

太田川の源流域に当たる標高700〜1000mにあり、すべて手作りのわさび田が緻密に計算されて作られている事、栽培方式も3種類あり地形と水量に合わせて使い分けるそうです。
畳石式…段差をつけ渓流の水や清水を引き込み、床に大小様々な石を何層にも敷き重ねて    根が良く張るようにした作り方(今回は見ていません)
a0267855_3294050.jpg

渓流式…自然のままの谷とわさび田の間に石垣をついて仕切り渓流の水を引き込む作り方
a0267855_3272580.jpg
地沢式…山ののり面に流れる湧き水を利用して人口の床を築いて作るやりかた

この栽培方法も初めて知りましたし、いろいろな事を植本さんから聞いてワクワクして、
自然とふれあう事で自分がすごくいい気持ちになりました043.gif
a0267855_3381212.jpg

a0267855_3385681.jpg

山蕗も沢山採って深山アゲハも見て、とてもよい休日になりました。

はつかいちの広報に植本さんが、わさびは古来から日本伝統の食文化を飾ってきました。自分が、その食文化の継承に携わっている事を誇りに思っています。と書いてあるのをみて、私も食を作る人として、食文化を次世代に伝えていく架け橋になって仕事を誇りに思えるようになれるといいなと思いました。

植本さん本当ににありがとうございました。
[PR]
by shin7300 | 2012-06-13 10:32 | 日々のこと
<< 晩酌 解禁2日目 小イワシ >>