<< green coffee (グ... 蕎麦きり吟 >>

父の背中と銀杏のまな板

この前、実家に帰った時にまな板を作ってくれんと?言ったら、倉庫から銀杏の板を出して来て作ってくれました。
a0267855_9501163.jpg

倉庫の中に入ってみると龍の絵がありました。私が幼少の頃よく「とうさん、龍の絵をかいて!」といったら、書いてくれていました。何かそれが懐かしいです。
父は宮大工の修行をしていたのですが、それを数年間したあと家を建てる方に転向しました。
子どもの頃は大きい背中をみて大工になる事を夢見ていた事もあります。

私は板前になっていますが、同じ職人の道に入る時「けつまいて帰る事だけはせんのんで!」といって18歳だった私を送ってくれた事を今の事の様に思い出します。
口べたで頑固ではありますが、男として父親として職人として本当に尊敬しています。

店をやる時には大工で入って作ってもらいたいと思っています…。楽しみ012.gif


こんな感じで楽しく結構大きいものを作ってくれました。色々な機械が出て来ました。まずは、表面をならしてから
a0267855_9505858.jpg

a0267855_9512755.jpg

a0267855_9515663.jpg


側面のガサガサを切り
a0267855_9522127.jpg

a0267855_9524583.jpg

a0267855_9533792.jpg

a0267855_9541739.jpg

a0267855_9543719.jpg

a0267855_955515.jpg

a0267855_9552614.jpg


ふちを面取りしてくれました。鉋でやっていたのですが、やっぱり遊んでくれました。この遊び心が楽しいのです。

a0267855_9555128.jpg

a0267855_9561535.jpg

a0267855_9563335.jpg

a0267855_1023417.jpg

a0267855_957375.jpg



子どもの頃、車で段差のある所を加速してジェットコースターみたいな事してくれたり(今考えるとあぶない)、クワガタを捕るときいきなりのこぎりを出して来たり(森林伐採?)本当に楽しい思い出も沢山です。
a0267855_9585264.jpg


右が父の手のひらですが、子どもの頃この大きな手で背中を叩かれたっけ!(人に迷惑をかけたらもの凄く怒って、ミミズ腫れになっていました。)


完成しました。
a0267855_1005753.jpg



結構大きいまな板ですが、私のブログによく出て来ているまな板。
料理をしているので包丁も大事ですが、まな板がないと切る事が出来ませんのでまな板も大事。

これからも、いろいろ面倒かけるかもしれないけど暖かく見守ってください。今度一緒にめばる釣りに行こうね。

まな板いいなと思った方、ポチッと応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-02-13 09:24 | 日々のこと | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< green coffee (グ... 蕎麦きり吟 >>