「ほっ」と。キャンペーン
<< Renge(れんげ)  原田耕三先生 >>

至福の癒されコーヒータイム

少し寒い朝でした。
このような感じで、三寒四温が続いたら春はもうすぐそこです。
行く途中に、梅が咲いていました。とても綺麗だった…。
a0267855_10412368.jpg


ガストピア祇園に行きグリーンコーヒーさんのセミナーでした。
a0267855_1043554.jpg

後で聞いてビックリしたのですが、50人以上の応募があったとか…。12人の中に選ばれて嬉しかったです。

家で美味しいコーヒーを淹れるコツを教わってきました。
3つの大事な事があるそうです。
1.美味しいコーヒー豆を選ぶ
信頼出来る専門店で選ぶ事が第一で、珈琲屋さんによって淹れ方も違うし淹れる器具も違って来たりするので、そこで自分の好みを探すのがいいそうで、案外それを見つけるのが楽しみだったりするそうです。

2.上手に淹れる
軟水でいれるのがいいそう。日本は基本的に大丈夫かな。広島はその中でも凄い軟水みたいです。
淹れる時にコーヒー豆を平らにして、落とす時は中心10円玉位のところを狙っていくそう。脇を締めて、手首を安定させて淹れていくのがいいみたいです。

3.美味しいうちに使いきる
豆だったら2〜3週間、粉だったら10日間以内がいいそうです。
急な温度変化がコーヒー豆にとってはよくないみたいで、保存は常温で保存がいいそうです。
この三つを守っておけばだいたい大丈夫みたいです。

出汁を引く基本と同じ感じだなと思いました。いい素材でないと美味しく仕上げる事は出来ないのでそれをいい状態で使いきる事が何よりも大事だなと改めて思いました。

a0267855_10425046.jpg

a0267855_1045517.jpg
a0267855_104284.jpg

a0267855_10442786.jpg

a0267855_1046996.jpg

まず、最初に先生が、東ティモールのコーヒーを入れてくれました。
香りがよい(シトラスっぽいそう)らいしのですが、内戦などでいろいろあった国だそうで、最近コーヒーを産業として動き始めた国だとか。味は安定しないそうですが今回のは良かったそうです。
沸騰させたお湯をポットに移して、85度位にしてから淹れるのがいいそうです。

グリーンコーヒーとは生の豆だそうです。
a0267855_10414743.jpg

初めて知ったのですが、これはチェリーみたいなのの、中にある種だそうです。
周りの実も甘くて美味しいらしいです。ビックリですね。

小ネタを教えてくれました。カナダでは、フィフティーンルールというのがあるみたいで…
焙煎してから15日以内、ひいたら15時間以内、淹れたら15分以内に飲むのがいいそうです。

イエメンという国は、豆を焙煎する時に薄皮が剥けるそうなのですが(チャフというみたい)、それを煎じて飲むそうです。面白いですね。
a0267855_10422935.jpg

グリーンブレンド(コクもあって酸味も)、スペシャルブレンド(酸味なしで苦みとコク)、パリブレンド(酸味より)の三つを淹れて自分の好きな感じは何かを探す時間も作ってくれました。

最後に講習を受けて、ひとりひとり淹れていく事をさせてもらいました。
飲んでなかったマンデリンを淹れました。これは苦みとコクのいいバランス。

先生がこだわるときりがないと言っていたのですが、極論は人が淹れてくれたコーヒーが一番美味しいそうです…(笑)確かに…

a0267855_10432992.jpg

あっ!それと熱源は火(広島ガス)がいいそうですよ!!
まあそれは間違いじゃないと思います。縄文時代から火を使って人は生きて来たので、人として大事な事だと思います。(何だか宣伝してるみたい…)


ガスショップ祇園は料理教室もできるし、貸しスペースとしても使えるし、とても綺麗で面白い施設です。
a0267855_10431497.jpg

本当に楽しい時間でした。先生、広島ガスのスタッフの方々本当にありがとうございました。

お土産で頂いたコーヒーで朝、淹れました。美味しかった。
a0267855_10295019.jpg

a0267855_10301596.jpg

a0267855_10303327.jpg

a0267855_10304746.jpg


コーヒー淹れたいなと思った方、ポチッと応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-02-18 10:52 | 日々のこと
<< Renge(れんげ)  原田耕三先生 >>