<< 筍の炊き込みご飯 器あそび 岩国本店 >>

筍 

竹に旬と書いて筍です。
春先に地下茎から「にょき」と出てくる山菜の一つです。
a0267855_10312995.jpg

とても大好きな食材でもあります。歯触り、香りとってもいいんですよね。
採ってから時間が経つとアクの成分のシュウ酸が出てくるので、湯を沸かして筍を掘りにいけ!という言葉があるくらいの食材です。取れ立てはそのまま刺身にして食べれるそうです。

香りとしてはトウモロコシの様な甘い香りがします。

糠でさっくりと火が入るくらい戻しておきます。ぬかも福富町の門藤農園さんのもの。
この手間を面倒くさがらずにやってみてください。
水煮とは違う味がそこにはあります。
a0267855_1031516.jpg

カツオだしでさっくりと炊いて若竹煮。春の共演です。味付けは酒少々と塩あたりに香りで薄口をたらっとたらすだけ。それだけで味は成立しています。
a0267855_10321320.jpg

a0267855_10361366.jpg



口の中で春の香りが満載。

竹原は広島でも品質のいい産地だそうです。何でも関西方面にも出荷しているとか…。
今年は竹原に筍狩りにいきたいな〜。

竹の旬。味わってみてください。

筍食べたいと思った方、ポチッと応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-03-30 10:37 | 料理 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 筍の炊き込みご飯 器あそび 岩国本店 >>