<< 桜満開 小瀬川温泉→湯来ロッジ 筍の炊き込みご飯 >>

赤貝と分葱のぬた和え

a0267855_1041372.jpg


大きな赤貝を発見しました。500グラム以上。
物は大きいのですが、結構殻の重さもあるので殆ど殻代ですね…(涙)
a0267855_10392649.jpg

a0267855_10403811.jpg

合わせるのは父が自家菜園で育てている分葱。季節だから柔らかくて美味しい物です。
分葱は広島が名産地なんですね。

ぬた和えとか鉄砲和えとかいいますが…なぜこの名前が?と思いませんか??

ぬた和えとは″沼田″みたいにぬるぬるしたものだからついたそうです。昔はぬめぬめした和え物は″ぬた和え″といったそうです。
鉄砲和えとは、からしがきいて「カツッウ〜ン」とくるからとか、分葱が和えていたら鉄砲みたいに芯がでていくからだそうです。
名前の由来って意外に面白いですよね。日本ならではだと思います。

器は藤ノ木土平さんの絵唐津・の小鉢です。
赤貝はとても香りがあっていい食材ですよね。大好きな貝です。刺身でも美味しいですよ。
a0267855_1041847.jpg

ぬた和えと日本酒いい…晩酌が出来そうですね。
また食べたいな〜

ぬた和えと日本酒いいな〜と思った方、ポチッと応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-04-01 10:45 | 料理 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 桜満開 小瀬川温泉→湯来ロッジ 筍の炊き込みご飯 >>