<< 日々(にちにち) 銀座 秋刀魚の炙り寿司 >>

平成文化茶論 秋の茶会

先週末は東京の畠山記念館で、親友が茶会をするということでいってきました。
今か今かと楽しみにしていました。
a0267855_10293295.jpg


2年半ぶりの東京は何か懐かしくもありワクワク。
新幹線で富士山が見えた時にはとても嬉しかったです。
a0267855_10303438.jpg

天候にも恵まれていい茶会になりました。
テーマも現代美術と古典の花とあり興味津々。

茶室も古く、昔は鹿児島藩主島津重豪所縁の地だったそうです。
そんな素敵な場所。茶室の軸にはQuick Turn Structure(急旋回構造)という独自のモチーフでコムデギャルソンともコラボレーションしたりと、現在注目されている大山エンリコイサム氏の作品だそう。
a0267855_1031173.jpg

分かりやすくいうとストリートアートの延長線上にあるみたいです。

濃い茶と主菓子をいただきました。主菓子も5種類から選ぶといった面白い趣向。
a0267855_10314614.jpg

a0267855_10315965.jpg

その後別室に行き、薄茶と焼目が入った栗きんとん。
a0267855_10405727.jpg


a0267855_1042276.jpg

素敵な茶碗は山本順子さん。銘は水滴。
栗きんとんの中に白あんが入っていたそうでしっとりとして美味しかったです。

古典の花は原田耕三先生に教わっているという事もあり、立花(たてはな)。
a0267855_1040474.jpg

素敵な秋の花がいけてありました。

何故か蚊が多くて、私の坊主頭の血も吸われて大変かゆかったです…
a0267855_10433441.jpg

茶会はとてもよくてたのしかったのですが、この感動はブログでは伝わりづらいかもしれませんネ。
やはりその場所にいて、感じる事が一番。

まっちゃん本当にお疲れさまでした。呼んでくれてありがとね〜

素敵だなと思った方、応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-10-16 10:47 | 日々のこと
<< 日々(にちにち) 銀座 秋刀魚の炙り寿司 >>