<< 白菜の摺り流し 桃居 西麻布 >>

着物展 器あそび十日市店

先週の土曜日からしている着物展…
先週の日曜日にいったのですが、今日で終わりらしいです。紹介するのが遅くなり最終日の今日になってしまいました。

a0267855_14213432.jpg


妻は着物を自分で着れるので見に行こうやと、誘いました。

店内は紬から訪問着など色んな物がそろっていました。
しかも4万円くらいからあり、とても手頃に買える価格。オーナーの西山さんが「儲けほとんどなしで、やってる趣味みたいなものなのよ〜」と言っていました。

何でも日本の文化が消えて行くのが寂しいから手頃に買って頂いて、みんなに着て頂きたいという気持ちだそうです。
そんな考え方素晴しいですね〜ホントに。


少し袖も…とおっしゃってくれたので着れない様な物がいいなと思いfacebookで紹介されていたこれがいいな!と私がチョイス
東京都の重要無形文化財であった故山下八百子作の黄八丈。
草木染綾織は、本当に貴重だそうです。妻がとても軽い〜と言っていました。
私は分かりませんが…着ている人には分かるんですね〜
a0267855_14225538.jpg

きもの好きには憧れの逸品ではないでしょうか?

あともう一つ…花織(はなうい)という沖縄の織物。
a0267855_142230100.jpg

昔は、日本各地で織物を競っていたそうですね。
器もですが着物を通しても、日本の歴史と文化をたどれます。
今回は妻に買ってあげる事は出来なかったのですが…またの機会に。
ホント…着物をポンっと買ってあげれるようになりたいです〜(涙)

もうあと数時間で終わってしまうので、また来年です。
着物との出会い…
一生ものというか、子の代、孫の代まで着れますよ。
そんな長い付き合いが出来る伝統的な物との出会いは何よりもの宝です。
そんな日本の文化…私も理解して伝えていかないといけませんね〜

着物っていいなと思ったかた、応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-10-27 14:26 | 日々のこと
<< 白菜の摺り流し 桃居 西麻布 >>