<< 疣鯛(いぼだい)の塩焼き The Trunk Marke... >>

秋のうしお

秋にまた旬を迎える鯛。
a0267855_17391774.jpg


住んでる海域にもよるのですが、クセのない上品な味。特に瀬戸内の物は上質だとおもいます。

生でよし、煮てよし、焼いてよし、あらゆる料理に対応してくれます。
広島の聖護院大根があったので、一緒に炊きました。

鯛のあらを薄塩にあてて、3時間位置いて霜降りしておきます。
昆布と水、お酒を入れて沸く前に昆布を取り出す。沸いたら中火の強めの火でアクをしっかりとり、その後「ポコッポコッ」位の火で鯛の滋味を引き出します。

味付けは塩のみ。水から蒸して火を入れた大根と一緒に炊きます。
それだけ。

鯛大根の出来上がりです。
自然の味が体に染みます。

素朴なだけに素材の善し悪しが左右しますので、新鮮な物があったら作ってみてください。
ホッとしますよ〜

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-11-24 17:44 | 料理 | Comments(2)
Commented by もみじ at 2013-11-25 23:16 x
昆布とお酒とお塩、本当にシンプルですね。
いろんなものを入れすぎてしまう私...。
Commented by shin7300 at 2013-11-26 10:34
本当にシンプルなのです。それがいい。

新鮮な物があったら、シンプルに調理してみてくださいね〜
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 疣鯛(いぼだい)の塩焼き The Trunk Marke... >>