「ほっ」と。キャンペーン
<< 同じお題で書きましょう″初″参... 抹茶のブランマンジェ >>

永遠の0を見て

a0267855_14503736.jpg


昨日、店主と一緒に見に行っていました。福屋・八丁座は満席。一番後ろの席でギリギリ見る事ができました。


一番最初に私の好きな俳優、故・夏八木勲さんが出て来てとても嬉しい気持ちになりました。

家族への愛情、今の私とも重ねたりして凄く胸が締め付けられる思いでした。
頭のいい、腕のたつ宮部という主人公が愚直なまでの想い。潔い気持ちに感動。

色んな人の感想はあると思いますが、70年位前はこんな事があったという真実。
もうそれを知っている人も、いなくなってきている時代です。

私の亡くなった祖父も南方に行って、命からがら遠泳で助かったという話を聞いた事もあります。
今では祖父が生きている時に何故、その話を聞いておかなかったのかと悔やまれます。

風化させてしまってはいけない。そして死にたくなかったであろう若き人たちの想いの上で私達は生きている。生かされている。のだと思います。

日本が少しでも良くなって欲しいと志願して死んでいった人達の死を無駄にしてはいけないと本当に思いました。

同じ過ちを繰り返してしまいそうな、最近の情勢。絶対に繰り返してはいけない。
そんな気持ちをさらに強く持ちました。


みなさんはどう思うか分からないですが、それぞれの目で見て、感じて欲しいそんな映画。

出来れば、時間を作って見てほしいなと思いました。
見るのは是非、福屋八丁堀本店にある八丁座で。何故かというと…シートが凄くいいですよ〜。
ゆったりと座れ、疲れません。


応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-12-31 14:51 | 日々のこと | Comments(4)
Commented by KANA at 2014-01-02 14:34 x
永遠の0、是非お正月に見に行ってみようと思います。
本を読んだ時に、絶対映画化するべき、と思っていたので、見に行けるのが楽しみです。
日本人の心にしみる、しみてほしい話ですよね。
私の祖父は鹿児島ですが、江田島の海軍兵学校を出て、戦争に行ったとしか聞きませんでした。
私も祖父から戦争のいろいろな話を聞いておくべきだったと思いました。

美山荘がお好きなのですね。一度行ってみようと思っていましたので、
いつか行きたいと思います。

今年も美味しいお料理作って下さいね。
Commented by shin7300 at 2014-01-03 19:16
KANAさんコメントありがとうございます。

永遠の0、親になっていないので戦地に送る想いとか壮絶すぎて想像もできないし、そんな世の中にならない事だけを願っています。
KANAさんのおじいさんは鹿児島出身なのですね。KANAさんは生まれも育ちも広島ですか?

戦争のお話を血の繋がった人としておくべきだったなと残念でなりません。


美山荘は華美な料理ではありませんが、素敵な宿です。そこに行かないとないご馳走があります。自然を感じ、風土のよさを感じ、自分をみつめなおす。そんないい良さがあるところだと思います。

旅館はいろんなおもてなしの形があり、面白いですよね。わたしも色々いきたいな~と思います。

今年も美味しい料理を作れるように、勉強していきます。
応援とコメントよろしくお願いします。
Commented by KANA at 2014-01-05 16:17 x
私は生まれも育ちも広島です。母方が鹿児島なので、故郷みたいです。
鹿児島も良い所です。温泉が特に良いのと、のんびりしています。
時間がゆっくり流れているようです。

カレイ、大きいのが釣れましたね。
釣りもお上手ですね。
釣ったお魚も残す所なく、食べてあげるのですね。
お寿司もお刺身も美味しそう~
釣られた魚も本望ですね。

昨日、永遠の0を見てきました。
映像で見るのと本は少し違うけど、でもやっぱり涙しました。
昔の人達の犠牲の上に私達の今があると思うと、語り継いでいかないといけないと思いました。
Commented by shin7300 at 2014-01-05 22:12
そうだったのですか〜。私が由布院にいた頃、鹿児島の人が会社にいて、方言がゆったりとして癒された覚えがあります。

カレイを釣るのは大好きでした。亡くなった祖父から教えてもらっていました。因に骨も煎餅にして全部食べました。
始末の料理です。
生きている物を美味しく頂く。それが生かされている者の、唯一出来る事だとおもいます。

永遠の0見られたのですね。
本とは少し順序など違うそうですね。本も見てみようとおもいます。
昔の人達の想い・願いを語り継いでいきたいですね。
<< 同じお題で書きましょう″初″参... 抹茶のブランマンジェ >>