<< 蟹の香りがする里芋の摺り流し 失敗しない茶碗蒸し >>

蟹真丈のお椀

ズワイガニの蒸した身を沢山使い真丈をつくりました。
a0267855_1045633.jpg

山芋は使わず、鰆のすり身(すり鉢で少し塩をいれて摺すりしました)と少しの卵白、あとは蟹をたっぷり。

蟹を少しのつなぎで繫ぐという贅沢な使い方で使います。

それがポイントと言えばポイント。
菜の花には少し卵白をつけて淡雪を見立てます。
冬らしい、そして春を少し思わせるそんなお椀です。

あったまります。ついつい冬は出汁ものが多くなります。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-01-23 10:47 | 料理 | Comments(2)
Commented by もみじ at 2014-01-24 23:46 x
お腹が空いてる時にshinさんのブログを見るのは辛いです。
Commented by shin7300 at 2014-01-25 10:12
満腹の時にみて下さい。

それでも美味しそうなら本物ですね(^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 蟹の香りがする里芋の摺り流し 失敗しない茶碗蒸し >>