<< 会社の新年会は SEIHO O... 鰯魚醤を使った煮麺 >>

渡り蟹のしめかた・見分け方

この寒い時期は渡り蟹の最も美味しいシーズンと言えると思います。
a0267855_1143278.jpg

渡り蟹を選ぶ基準はまず、生きている事が重要です。
そのあと殻が堅い事、重みがしっかりあること。

これをクリアしていないと美味しくないとおもいます。
a0267855_11125740.jpg

生きている渡り蟹は蒸したり焼いたりする前に必ず締めないと駄目です。
締め方はアイスピックや金のまな箸があれば、みぞおちの部分をひとつき。
そうしてから上下したら蟹がびくびく動くのでそれでバッチリです。

締める事が重要なのは、生きていたらちょっとのショックで脚や手を自ら切り離してしまうからです。
その事によって身に入る火の入り方が変わってくるのでしっとりと焼けなかったり、蒸し上がらなくなります。

あと、メスとオスの見分け方は袴をみればわかります。
a0267855_1113084.jpg

袴が写真のようであればメス。細く尖っていたらオスです。

特に今の渡り蟹のメスには内子が入っています。これがとっても旨いのです。
a0267855_1112404.jpg

雲丹のようなコクがあります。
700グラム以上の大きい渡り蟹があると最高。

瀬戸内海の渡り蟹は本当に旨い。
ズワイガニもうまいけど筋肉の質が違うと思います。

この時期の生きたメスの渡り蟹。おすすめ食材です。

ポチッと応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-02-01 11:13 | 料理 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 会社の新年会は SEIHO O... 鰯魚醤を使った煮麺 >>