<< ラジオの恋を見に行きました みやじまぐちの想い出shop ... >>

真魚鰹蕗味噌焼

昨日は立春なのに、寒気がきて急に寒くなりました。
a0267855_1122782.jpg

今は雪がちらほら〜。
膨らみかけていたかもしれない、梅も寒くて閉じてしまったかも。
風邪などひかない様気をつけて下さいね。

2月に入ってからは、山菜や春野菜がちらほら出て来ていますね。
食材は春になりつつあります。

NHKの広場で火曜日に開催されている″ひろもり産直市″にて路地の蕗の薹の小さいのを買いました。
それを粉からしと一緒に5分ぐらいボイルして灰汁抜き。そのまま冷まします。

これを刻んで白味噌に合わせてみりんを少しと煮切り酒でのばします。

真魚鰹はおろしてから細かく皮目に切り込みをいれます。白味噌を幽庵地でのばした物に下漬け。
30分くらいしてから取り出してグリラーで両面焼いて皮目に味噌を塗り焼きます。
最後に太白油で炒めた蕗の薹を散らします。 これがいい役割です。
苦みも旨味です。

左手前の骨も塩を振って焼くとパリパリで美味しく食べれます。
春を感じる事が出来る料理でした。

炊きたての御飯にも、熱燗(温かい飲める御飯??)でも合います。
まだまだ寒い日が続きそうですが、春の料理が増えて楽しい時期になります。

ポチッと応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-02-05 11:06 | 料理 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ラジオの恋を見に行きました みやじまぐちの想い出shop ... >>