<< 川久保賜紀&遠藤真理&三浦友理... 有機牛蒡の柔煮と白野菜の摺り流し >>

焼干し大根・人参とちぢみ法蓮草の浸し

この時期のちぢみ法蓮草は旨そう。
前のひろもり産直市で庄原の法蓮草を買いました。
a0267855_1158587.jpg

冬に出回るほうれんそうのほとんどは、トンネル栽培で生産されていますが、ちぢみほうれんそうは露地栽培で生産されています。
一般のほうれんそうよりも、うまみや甘みに優れています。

見た目も一般的なほうれん草は葉が立っているのに対して、「ちぢみほうれんそう」は、寒気にさらされて生育するため、地面に張り付くような感じの形・ちぢみというようにちぢれています。

季節を生かして食味にこだわったほうれんそうですので、収穫期間は12月~2月の期間限定品です。
a0267855_11584477.jpg

ほうれんそうは、冬場に寒さにあたると凍結するのを避けるために、葉がしまって肉厚になり、うまみや甘みが増します。この性質を利用したほうれんそうの栽培方法は、一般的に「寒締め」といいます。

甘みには自然の甘みを…美味しい大根と金時人参を皮をむかずに輪切りにして天日干しにします。
軽く乾燥させるくらいなので一日で十分。
その太陽の力をもらったお野菜を魚焼グリルで焼きます。軽く焼目がついたら海老を入れたお浸しの地に漬けておきます。
そこに軽く湯がいたちぢみ法蓮草を入れるとまあ美味しい。
大根と人参と法蓮草と干し海老の自然の甘みが一体化します。

辛口のすっきりとしたぬる燗が飲みたくなる感じ。
う〜ん。イメージ通りに美味しくなってくれました。

旬の食材の持ち味を引き出す。楽しい日々です。

ポチッと応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-02-09 12:00 | 料理 | Comments(2)
Commented by KANA at 2014-02-09 14:34 x
いつも美味しそうですね。
shinさんのブログを拝見していると、和食っていいなぁって思います。
Commented by shin7300 at 2014-02-10 10:05
KANAさん、ありがとうございます。
和食っていいですよ〜。
大好きです。私達日本人の体には一番あう料理ですからね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 川久保賜紀&遠藤真理&三浦友理... 有機牛蒡の柔煮と白野菜の摺り流し >>