<< 浅蜊と大根のお浸し 父が作った大根を使って >>

同じお題で書きましょう″名前の由来″

広島ブログでお世話になっている⑦パパさんからの提案で始まった
同じお題でブログを書きましょう。

今回の出題者は先月のMVPを取られたひまわり姐さん

お題は「名前の由来」です。


最近7月に産まれる子どもの名前を考えるのにどうしようか??
と悩ましい日々を過ごしています。といっても何となくは、いいなという名前はありますが…

妻に考えてるん??とたまに言われて、考えとるよ〜とあまり考えてないのに言って今はやり過ごしています。

今月の検診でたぶん性別を聞くのでそろそろ本腰をあげて決めないとな。
一生その名前で生きていくしね。最近近所の図書館で妻が名付けの本借りてきました。

まあそれは置いといて…。
私の名前は慎吾。
確か小学生の低学年の頃、父に「何で慎吾なん」と聞いたらいきなり「吾に慎めよ」と言われました。

チンプンカンプンじゃわ〜と思っていて国語辞典を開くと訓読みでそう読む事が分かりました。

最近もう一度聞くと、響きで決めたと違う答え。
慎吾っていう響きがよかったみたいです。芸能人には香取慎吾さんや柳沢慎吾さん藤森慎吾さんも同じ″慎吾″です。
私は香取慎吾の慎吾ママという何かの番組を見てからというもの…
携帯の登録は慎吾パパ・慎吾ママと登録しています。

最近お客様が私の名前を憶えてくれていて「しんごちゃん」と言ってくれたのがとても嬉しく話をしていると、「漢字は何て書くんじゃったかいね〜?」という話になり、”慎”はりっしんべんは心で、真(まこと)ですと答えました。
そうしたら「真心じゃね〜」と言われ、とても胸がいっぱいになりました。
そんな事があり、最近とても嬉しく思いました。
″慎″つつましく…中々難しいのですが私の生きる中での課題ですね。

そんな最近ほっこりしたのを思い出しながら綴らせてもらいました。
楽しみながら名付け頑張りま〜す。

ポチッと応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-02-16 20:04 | 日々のこと
<< 浅蜊と大根のお浸し 父が作った大根を使って >>