<< 花甘藍摺流し 塩雲丹 カリフラワー(花甘藍) >>

花山葵と渡り蟹内子

待ちに待った花山葵がようやくひろもり産直市にて出ていました。

サッとボイルしてから辛み出しをして、干し椎茸をいれた出汁に浸しておきました。
爽やかな辛み。
そして苦みは春をようやく告げてくれる春味です。
a0267855_1136523.jpg
                            (古伊万里 白磁向附)


これに合わせるのは渡り蟹内子の醤油漬け。小さい物があったので買ってしょうゆ漬けにしておきました。雲丹の様なコクと甘みがあります。

あと海苔の佃煮をのせると美味しいんです。
爽やかな純米酒にあわせると笑顔が出ます。

こんなシンプルな料理が私は大好きです。いろんな料理がありますが素材を引き立てる技術。手間ひまが実はかかっているのにこんな…っていうのが日本料理であり和食であると思います。
私は水墨画みたいにシンプルなよさを感じていますが、このご時世なかなかわかりづらいのも若い人が調理を目指さなくなった原因かもしれませんね。
イタリアンやフレンチに対して本当に若い力が少ないんです…

和食が世界無形文化遺産になった事もありますが、価値を再構築して、日本にはこんな素晴しい食があるんだよと。そんなことを伝えていけたらいいなと最近は強く思います。

ポチッと応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-03-08 11:43 | 料理 | Comments(4)
Commented at 2014-03-08 13:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by KANA at 2014-03-08 14:19 x
もう山葵が出ているのですね。
爽やかな辛みに春を感じるようですね。
私もシンプルなお料理に感銘を受けます。
シンプルであるって事はとても難しく、とても理解されづらいですね。
手間ひま、ひと手間、見えない努力の上にシンプルがあるのだと思います。
それが解る人になりたいです。
Commented by shin7300 at 2014-03-10 00:31
Mさんそうなんですよ。たまりませんよね。

蟹の内子は生でも食べれるんですよ。ただ、昆布締めやしょうゆ漬けにしないと無理ですが…

醤油に漬けるのは6時間ぐらいでもいいですが、4、5日経っても美味しいです。そうなると海苔と一緒に御飯で巻いて食べるのがいいんです。

進みますよ〜

カラスミ羨ましいです。広島に帰ってからは作る事もないので作ってみたいです。ご紹介よろしくお願いします(笑)
Commented by shin7300 at 2014-03-10 00:34
KANAさんそうなんですよ〜

理解されづらいのが難点。
見えない努力の上にシンプルがある。それを分かってもらえるように、分かち合えるように仕事していきたいものです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 花甘藍摺流し 塩雲丹 カリフラワー(花甘藍) >>