<< 筍御飯 新若布と桜鯛の土佐酢ゼリー掛け >>

若竹煮

先日、広島の大崎上島の筍を発見。

速攻で5本買いました。しかも財布にも優しい金額。
早速hanaさんから頂いた若布と一緒に。
a0267855_11101229.jpg

山と海の出会いです。
筍は湯がいた物を包丁してから使います。
出汁にお酒を少々。筍を入れてコトコトと炊いて塩・薄口・味醂少々で仕上げます。
火を止める時に追い鰹をリードペーパーかなんかにくるむか上にひいて鰹を置いてください。

鰹の風味が際立ちます。

サッとボイルした若布と盛り合わせれば春満載。
生若布はシャキシャキして美味しい食感です。

筍にもですし、春の山菜は苦みがあります。
その苦みという名の旨味。私にとって大事にしていきたい味です。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-04-17 11:13 | 料理 | Comments(6)
Commented by m-rica at 2014-04-17 11:50
shinさん☆
追い鰹のコツ しかとご伝授賜りました merci!
Commented by tanat6 at 2014-04-17 15:15
ほろ苦さって大人の味ですよねぇ~
そう言えばテナーサックスはほろ苦い大人の味…って私の友達が言ってました。
Commented by もみじ日記 at 2014-04-17 22:20 x
美味しんぼで,主人公が,「おいしい刺身を食わせてやる」と言ってみんなを山に連れて行き,筍の刺身を食べさせるという話があったのを思い出しました。
Commented by shin7300 at 2014-04-18 09:13
m-ricaさん追い鰹してくださいね〜。
鰹の風味が際立ちます。
Commented by shin7300 at 2014-04-18 10:06
tanaさん苦みは大人の味。
ほろ苦さを味わってくるからこそ感じれるのかもしれませんね…(笑)
私はおかしいのかもしれませんが、小学生の頃から好きでした。

テナーサックスいいですよね。
結婚式の時、知人に演奏してもらった事があります。
低音がいいですよね。
妻曰く私の声はテノールだそうです。
Commented by shin7300 at 2014-04-18 10:08
もみじ日記さん、美味しんぼ見てるんですね。
私も大好きです。
筍の刺身はホントに堀立でないと出来ない味。
なかなか出会う事は出来ませんね。
新鮮さが勝負の筍。堀立てのものは糠で湯がくまでもなくそのまま出汁で直炊きしても美味しいんです。
なかなかそんな食材扱えないですが使って料理したいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 筍御飯 新若布と桜鯛の土佐酢ゼリー掛け >>