<< 花見鰈重造り 平貝春菜和え >>

新玉葱椀

新玉葱の美味しい季節になってきました。

こんな時はこれを出汁で炊いて甘くさっぱりと仕立てたい。
シンプル過ぎて何もしてない料理。

a0267855_12312350.jpg

ですがこれが、美味しいんです。

羅臼昆布を使い、一番出汁をひきます。

それに玉ねぎを入れてさっと柔らかくなるくらい炊きます。
味付けは酒少々と塩と一滴位の薄口。

白と黒のコントラストが映える一品。春の甘い新玉葱だからこそ味わえる料理。

この料理はこれで完成形なのかな?!とも感じます。
必要以上に味を入れずに味わうのも舌の訓練です。その味をわかり、伝えていきたいものです。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-04-29 12:32 | 料理 | Comments(6)
Commented by tanat6 at 2014-04-29 16:28
白と黒の世界ですね。
箸置きも可愛い。
偶然にも 私の今日のテーマも白と黒です。
Commented by もみじ日記 at 2014-04-30 01:43 x
素材の味をいかに生かすかですね。
ところで,美味しんぼで,士郎と雄山が和解したのには驚きました。
Commented by Shin7300 at 2014-04-30 07:45
tanaさん黒と白の調和は難題ですね〜。

料理でも白と黒が互いに引きたてあったら見栄えも最高です。

箸置きは設楽孝良という作家さんです。
青白磁のもたっとした白が、凛としていいんです♪ 妻も大好きな作家です。
Commented by Shin7300 at 2014-04-30 07:56
もみじ日記さん、生かすも殺すも料理人次第です。そうなれるよう、頑張ります。

雄山と士郎は昔から認め合っている所もあったのでいつかは…と思っていました。 最近、おいしんぼ見てなかったので見ておきます。
Commented by ナナママ at 2014-04-30 09:37 x
新玉、、、美味しいですね。
私は、出汁がうまくとれないので、
ブイヨンのキューブで、ことこと煮ます。
くしに刺して、形が崩れないようにする事もあります。
シンさんが作られた新玉葱椀は、、、
美味しいでしょうね~
想像しただけで、おいしいお口に、、、
なります、アハハ~
Commented by shin7300 at 2014-04-30 11:01
出汁も上手くとれるかとれないかは素材次第の所があります。
いい素材で引けば、殆ど間違いなしです。

ただいいものは結構お金がかかってしまいますが、その方が体にもいいし、自然にあるものを頂くのが私達の次の日の体を作ります。
そう考えると少し値段の高い物もしょうがないと思えるんですけどね。

新玉葱はおいしいというか…素材の味。ですよ(笑)
じんわり…優しいお味にして10個たべても飽きない味に仕立てます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 花見鰈重造り 平貝春菜和え >>