<< 豆御飯のコツ 餃子のはね >>

手長ダコ・野蕗の早煮

最近よく魚屋さんで見かける手長ダコ。本当に手長足長です。

名前と一緒でかなり手が長い。
下処理は目玉とくちばし、胴体の中にある内臓をひっくり返して取り除き、脚を軽く塩もみしてヌメリを取り除いておきます。

それをお湯にいれ、サッと火入れします。そのあと氷水につけずにぶら下げて、おかあげしておきます。


野蕗は細くてシャキシャキしている蕗。安いのですが、下処理が大変。
一人でもくもくと深夜していたので、何だか寂しくなりました…

3〜4センチくらいにカットしてからお出汁とお酒少々、味醂で少し歯ごたえがあるくらいに炊いておきます。
仕上がりに薄口少々、濃口醤油を数滴いれます。
沸いている、出汁の中に切った手長ダコをいれ火を切ります。
冷ますのはそのまま常温で冷まして下さい。味がゆっくり入ります。
a0267855_11253690.jpg

御飯の副菜、おつまみに仕込みました。蛸は新鮮な物を選ぶ事もですが、火を入れすぎない事がポイントです。
そうすれば歯切れの良い美味しい物ができます。

一人で食べたので3日くらい食べました。
蕗の香りはとても強烈ですが大好き。春の香りは気持ちもお腹も喜んでくれます。
もうそろそろ山菜も終わりかけですがもう少し楽しみたいと思います。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-06-05 11:26 | 料理 | Comments(2)
Commented by tanat6 at 2014-06-05 21:38
我が家も先日 手長蛸でした。
お一人だと何日も食べないといけないですね~

母が元気だった頃、毎年野蕗の佃煮を作ってくれていたのを思い出しました。
そろそろ自分で作らないといけませんね。
Commented by shin7300 at 2014-06-06 11:14
tanaさん、手長ダコ美味しいですよね。
一人で三日も食べるのは大変でした…

野蕗の佃煮美味しいですよね。私も大好きです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 豆御飯のコツ 餃子のはね >>