<< 地ぐ酒ぐ 2014 手長ダコ・野蕗の早煮 >>

豆御飯のコツ

豆御飯…子どもの頃は何か独特の香りが嫌いで、御飯に何故はいっているのだろうと思っていましたが、最近は美味しく感じます。

これも大人の味覚になってきたのかなと。
a0267855_11253946.jpg

豆はさやに香りがあると言ったのは空豆も同じ事ですが、うすい豆もその一つ。

皮をむいて、中の身だけ取り出しお湯で食感が残る位茹でておきます。
漬ける出汁は、一番出しに酒少々、塩で少し整えてそこにさやをいれて薄口少々入れて火をとめます。
そのまま冷ました出汁に漬けておきます。

まめ御飯を炊くとき、水に酒と塩を入れて薄口を少し入れた御飯地で炊いていき、沸いてきたらそこにさやを沢山入れてそこから中弱火。
a0267855_11264196.jpg

蒸らしの時に浸しておいた豆をうえから散らします。

それだけなのですが、香りがいい御飯が出来上がります。
a0267855_11275122.jpg

さやは食べれませんが、捨てずに是非活用してみてください。
甘くて香りのいいまめ御飯が出来上がりますよ〜

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-06-07 11:27 | 料理 | Comments(11)
Commented by もみじ日記 at 2014-06-07 11:39 x
豆ご飯
確かに子どものころはおいしく感じなかったですね。
あと,漬け物も。
私は,漬け物がおいしく感じたとき,大人になったなと感じました。
Commented by m-rica at 2014-06-07 11:53
え!蓋をせずに鞘でおおうのですか?
お豆の色がイイですね☆ 我が家はお豆を塩茹でしてつけて置いて
お米は酒・昆布を敷いて炊き炊き上がりに
お豆を混ぜ込みます
鞘を使って炊いてみたいです
奥様 そろそろですね
そっと見守りつつ しっかりサポートしてさしあげて
くださいね 安産をお祈りしていますよ♡
Commented by itatchi at 2014-06-07 21:52 x
なるほど~、豆ごはんの炊き方、家庭のものとは、根本から違いますね。
いつも自分のこしらえる豆ご飯は、色が悪いなぁ~、と悩んでます。
shingoさんの豆ご飯、さすがの色。エメラルドグリーンですね。
私は、豆類大好きなんですが、男性はえてして、豆類が苦手ですね。
Commented by tanat6 at 2014-06-07 22:14
夫はお子ちゃまで豆ごはんが食べられません。
今度この作り方で挑戦してみますね。
Commented by 絵図屋LAN at 2014-06-08 09:13 x
大好物!
子どものころはニガテだったけど〜
ところで LINE はつながってない?
Commented by shin7300 at 2014-06-09 09:22
もみじ日記さん、
子どもの頃から漬け物は大好き。
古漬けも、梅干し、奈良漬けもらっきょも…今は亡き祖母の漬け物は天下一品でした。
小学生から大好きで、夏はよくお茶漬けと一緒に食べていました。
Commented by shin7300 at 2014-06-09 09:27
ricaさん豆のさやをいれて蓋はしてくださいね。
じゃないと香りと蒸気が逃げていきますから…

妻は来月の頭が予定日です。
今は実家の由布院ですので近くで今の姿を見れないのは寂しいですが…安心しています。
お腹も大きく大変みたいではありますが
草むしりをしたり、元気に動いているみたいです。

Commented by shin7300 at 2014-06-09 09:31
itatchiさん、確かに家庭の物とは根本から違いますね…
ジャーでも作れますので是非やってみてください。

その時は最初からさやを入れて炊くと美味しいのが出来ます。

エメラルドグリーンの豆は甘く美味しいです。
これなら旦那さんも食べれるのでは…と思います。
Commented by shin7300 at 2014-06-09 09:33
tanaさん、是非挑戦してみてください。

癖になる味ですよ。
私なんか一人暮らしなので、
炊きすぎて三日間も食べるはめに…(^^;)
Commented by shin7300 at 2014-06-09 09:35
部家さん豆ごはんおいしいですよね。

LINEは繋がっていません。というか…iPhoneを落として今はパカパカの携帯電話なので部家さんの電話番号も不明です。
連絡頂いていたのなら申し訳ありません。
何かありました??
Commented at 2014-06-09 10:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 地ぐ酒ぐ 2014 手長ダコ・野蕗の早煮 >>