<< おむすびのお供に… 甘鯛煮麺 >>

新蓮根蒸し

透明感のある蓮根。
新蓮根は真っ白。そしてシャキシャキしています。
おろした蓮根も透明感のある白。

甘鯛を軽く塩しておいた物と蓮根を蒸し、甘鯛の骨の出汁で薄めに餡をタラリと。
a0267855_10575956.jpg


初夏の涼味です。
白い物には何か魅力がありますよね。 妻も大好きな色。
白シャツ、白い靴大好きなんですが…よく醤油をこぼしたり、前しか見てなくて泥だらけになったりと私の性格にはあっていない色なのかも?!
憧れでもいいので白い色、大切にしていきたいです。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-06-19 11:00 | 料理 | Comments(6)
Commented by まさっち 也 (`_´)ゞ at 2014-06-19 14:34 x
Shin さま
初めまして、近頃の甘鯛の記事&写真を拝見しておりますと、是非お酒を友に食してみたくなりました。また器が素晴らしい甘鯛にピタリ!気品と風格をかもし出してます。私も骨董が好きです、古染付ですか囧? 一つ前は余宮さん?昆布締めはこれまた上品な古伊万里?甘鯛とすっごくエ~ですね!
どちらの食事処へ行けば食せますか?差し支えなければお教え下さいませんか?囧
Commented by tanat6 at 2014-06-20 09:20
新蓮根は爽やかな青年の味。
秋冬のねっとりとした蓮根は熟年の味…という感じですね。
どちらも それぞれに好きですよ。
向いてる料理も それぞれ違いますよね。

芙蓉手の器 素敵です。
Commented by shin7300 at 2014-06-20 10:49
まさっち様、初めまして。
そしてコメントありがとうございます。

私も骨董が好きで、由布院の旅館で勤めている頃から色々盛りつけたりさせてもらっていました。
新蓮根蒸しは、古染付の芙蓉手。
一つ前のどんぶりは長森慶さん。
昆布締めは古染付です。
どの料理も自宅用で、何処に行っても食べる事はできません。
店をするにも先立つものが…(-。-;)

お店をするのが何時になるのか分かりませんが、これからもどうぞよろしくお願い致します。
Commented by shin7300 at 2014-06-20 10:55
tanaさん、両者いいところがありますよね。
どちらも素敵な魅力たっぷり。

どう伝えるか?どう料理していくか?
一生懸命考えてその時の食材と合わせる。
走りと旬。とてもいい感じになりました(自画自賛ですね・笑)
一人で食べるのが寂しいですが…

芙蓉手の器大好きなんです。ついつい使ってしまいます。
Commented by まさっち也 (^^ゞ at 2014-06-21 08:02 x
Shin様、 残念です!早く開店希望します、きっとこだわりのあるお店が出来ると思います。これからもblog楽しみに拝見しちょります(^O^)/
Commented by shin7300 at 2014-06-21 08:11
まさっちさま、ありがとうございます。
コダワリがある店ができる様、日々精進してまいります。

ブログは私の日々なので、料理だけでなく、7月に産まれる子どもも登場してくると思いますが…末永くお付き合いください。

ちょるってことは…呉の方ですか?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< おむすびのお供に… 甘鯛煮麺 >>