<< 白甘鯛あら酒塩蒸し 大崎上島にて >>

白甘鯛

先週、大物投げ釣り師の友人から50センチ弱、1.7キロの白甘鯛を頂きました。
半身だけ刺身にしてくれたら全部くれると言われたので喜んで♪
と即答でした。

a0267855_23523515.jpg


久しぶりのこの大きさの白甘鯛。とっても興奮しました。

料理の世界では白川(しらかわ)と言われ、昆布締め、焼き物、蒸し物など何でも品よく仕上がります。
甘鯛の種類は赤甘鯛、黄甘鯛、白甘鯛とあり白が一番希少価値が高く、市場の単価で1キロ8千円から1万円くらいするものもあります。

昆布締めにしようかと少し悩みましたが新鮮なので刺身にしました。
お腹の部分も脂がいいかんじにのっていて品の良い甘み。
a0267855_23502586.jpg

最高の瞬間を両親と一緒に味わう事が出来ました。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-12-01 10:40 | 料理 | Comments(4)
Commented by tanat6 at 2014-12-02 17:05
立派な甘鯛ですね!
京料理では よく使われますよね。
グジと言うのは赤のことなんですか?
Commented by hanakumakuma at 2014-12-02 17:58
( ´▽`) ( ´▽`) ( ´▽`) ( ´▽`)
おいしそうで力抜けますぅ…
Commented by shin7300 at 2014-12-03 10:41
tanaさん本当に立派な白甘鯛でした。
写真では厚みがわかりませんが太っていました(笑)

グジと呼ばれるのは頭というか額の形状をさす「屈頭魚(ぐずな)」が訛って、グジとなった。
砂泥地の海底50m〜100mmに生息してます。
そこに穴を掘り、半身を穴に埋めて暮らしているので、穴にいるタイが訛って、アマダイ。また、その身はほのかに甘いので、アマダイとなったとか。

因に中国では馬頭魚といい、英語ではホースヘッドフィッシュというそうですよ。
Commented by shin7300 at 2014-12-03 10:42
hanakumaさん
美味しかったです〜♪

画像だけでしつれいします(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 白甘鯛あら酒塩蒸し 大崎上島にて >>