<< この時期に… 寒さ極まってくる頃に >>

同じお題で書きましょう”入試”

もう17年前くらいの高校入試。

まず高校に行かないつもりだった私を、母がこのご時世高校も行ってないのは就職する時に難しい。というので行く事にしたものの、何処に行こうかと考えていました。

中学校卒業したら料理の道に入ると考えていたので必要ない事はしない。
とそれだけを考えていました。あてもないのに関西にいくと言っていて、今考えると無茶な事を考えていたのかもしれません。

公立はK商業高校、国立はK商船高校に受ける事にしました。
勉強せずに釣りにばっかり行っていた私ですが、成績はそこそこだったんです。
なので私立を滑り止めでうけなさいという先生を振り切って(受かったら行かなくても数万円払わないといけないというわけわからんな〜というその時の考え)
国立と公立に受けました。

無事に両方とも受かる事が出来、そしてK商業高校に行く事にしました。
母は商業高校で簿記と情報処理(コンピュータの打ち込み)を勉強しておけば、独立した時に何か使えるのではないのかと、そこを考えていてくれていたみたいです。

結果的に今考えると、こうしてブログをしているのもその延長線のような感じもしています。
簿記の実務は経験がありませんが、やる様になってくれば何となくあの頃勉強していた勘定科目が出てきたりすると思います。

大学入試はした事がありませんが、入試はその人の人生の転機だと思います。
先生との出会い、人との出会いで人生は大きく変わってきます。

母は私の事をよく考え、修正してくれたのだと思います。
両親に感謝です。ありがとう。

息子が入試のとき、子どもの意見を尊重して精神的に(勉強は教えられないので)支えてあげれるようになっておかないとな〜と思います。

もう一つの話題、チョコレートは本命をもらった経験がないので記述をさけます。



応援よろしくお願いします。→広島ブログ

[PR]
by shin7300 | 2015-02-08 12:02 | 日々のこと
<< この時期に… 寒さ極まってくる頃に >>