<< うすい豆摺流し 同じお題で書きましょう 遠足 >>

同じお題で書きましょう 新入社員時代の失敗談

新入社員、あれは…もう13年前になります。
料理をして湯布院→東京→広島とどこも素敵な学び舎だったと今振り返ります。
いい事も嫌な事も沢山ありましたが、今思い出すと私の為になる事ばかり。
意味の無いことなんてないんですね。
出会った方々に感謝しています。

関西に一人で行って店を探すと、今考えるとかなり無謀な事を考えていた私。
若気のいたりですけ…許して下さい。母上様。

たまたま両親が行っていた湯布院。
宿泊先の女将さんに息子が料理で働きたいと言ってるんですがどこかありませんか〜という相談から、今は亡きおやっさんに話がいき、それから湯布院の山荘無量塔の料理長が預かりたいと言ってくれたみたいです。
こちらには高校卒業と同時に就職しました。

a0267855_9331548.jpg

18歳でしたので右も左も分からない私を優しく見守ってくれた皆さんには感謝の言葉でしかありません。
夕食が落ち着いた頃、仲のいい仲居のおばちゃんと話していると、私の声があまりにも大きくて(声が通るので表まで聞こえていたらしい…)怒られる事がありました。
宿は古民家の移築でしたので、漏れやすいというのもあったみたいです。

あと支配人にはshin君は謙虚さがないと怒られた事も多々。

今となっては温かく家族の様に育ててくれたんだなと感じています。
両親とも離れていましたので、総料理長は未だにおやっさんですし、お世話になった方は兄さん姉さんと呼んでいます。
先代の藤林社長には凄くお世話になりましたし、他にはない色んな一流の物を触れたり見せてもらったり、食べに連れて行ってもらい本当に家族の様に接して頂きました。
正月前には社長の家に社員でお邪魔して、社長が自ら作るパスタ、リゾットを食べて色んな部署のみんなと話した覚えがあります。

今はこの世にはいませんが、私の根は無量塔にあると思います。

失敗したぶんだけ、成功がある。

失敗するのを恐れない気持ち、一歩踏み出す事が何よりも大事だという事を体で覚える事が出来ました。前向きな失敗はどんどんしたらいいなと今となっては思います。
やらないのが何よりも駄目だと思いますので、言って(行って)みる。やってみる。

大事な気持ちを感じさせてくれた無量塔。
同じお題で書きましょうで、振り返ることができました。パパさんありがとうございました。



応援よろしくお願いします。→広島ブログ

[PR]
by shin7300 | 2015-04-07 22:50 | 日々のこと
<< うすい豆摺流し 同じお題で書きましょう 遠足 >>