<< 同じお題で書きましょう 部活 ひと志のランチで近況報告 >>

また登場→そして進化

うすい豆の摺流し。

終盤に来てとってもいい物がまた手に入りました。
きれいで、うっとりする位の鞘をしていました。
a0267855_0271177.jpg

合わせる食材は…日曜日に平和大通りである広島朝市で出会ったアイナメと共に。

アイナメは3日くらいチルド室で塩をして馴染ませておきます。
それを包丁できり、葛をまわりにはたいて酒昆布湯にいれ火入れをします。

それだけで美味しい美味しい摺流しの出来上がり♪です。
食べたことがない人は是非。香りが体に飛び込んできますよ〜

進化というのはこれに使う昆布の構成比を変えた所。
常に進化を求めて食材と向き合うのは、自分の料理感と対峙し向き合うこと。
食材に対し、常に自然に習い仕立てる。
これに尽きます。

私の料理さてさて10年後この摺流しはどういった味になっているのでしょうか?
引き算に乞うご期待を!
[PR]
by shin7300 | 2015-06-07 00:27 | 料理 | Comments(2)
Commented by tanat6 at 2015-06-07 11:52
こういうたゆまぬ試行錯誤がシンさんの お料理を素晴らしいものにしているのですね。
私も もう一度 自分の舌をリセットしたいと思っています。
Commented by shin7300 at 2015-06-08 05:37
tanaさん
ある90歳くらいのうなぎ職人さんが、
職人はどこまでも追求していかなきゃ、毎日毎日一回一回が勝負だから。
それは自分との格闘だっていっているのを聞いて
こうしなきゃなと再確認しました。
褒めてもらって本当に嬉しいんですが、私もまだまだです。
死ぬまでこの仕事を愛して、勉強していこうと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 同じお題で書きましょう 部活 ひと志のランチで近況報告 >>