カテゴリ:料理( 275 )

器と料理の会

a0267855_07084565.jpg






この度、これから窯を構える方と私の料理で器と料理の会を催す事になりました。

場所     悠然いしおか
       広島市南区段原3−15−19皆川ビル1階


10月18日 (火) 18時30分より
             会費 1万円 (飲み物別)
            定員8名様  満席となりました             

   19日 (水) 12時より14時
             会費 6千円 (飲み物別)
             定員 8名様 満席となりました
   20日 (木) 14時から16時30分close
           器の展示販売

           17時30分〜20時 酒と肴と器
    この日は酒の肴と締めものを少しだけご用意してお待ちしております。
    数種類の酒の肴とお酒、器を楽しんで頂けると幸いです。
    カウンター席8席でのご案内で、店主一人が調理・接客をさせて頂きます。               席は御予約制となっております。
           

   18日〜20日はいずれも器を買う事も出来ます。
   尚ご予約は下記までご連絡ください。
   19日は12時より8名様一斉にスタートとさせて頂きます。
   人数などあらかじめご希望があれば下記までご気軽にご連絡ください。

   器だけご覧になりたい方は
   19日15時〜17時まで
   20日14時から16時30分
   にご来店くださいませ。
    
   20日はお料理、器のご案内など店主一人でやりますのでお時間を頂く事があるかと思います。
   予め御了承下さいませ。

   

              悠然いしおか
            yuzenishioka@yahoo.co.jp






a0267855_06091080.jpg


a0267855_12120101.jpg


[PR]
by shin7300 | 2016-09-15 10:17 | 料理

特別講師?!

いつもお世話になっている。
ひろしま朝市の夏祭り7月17日 8時過ぎから魚のおろし方(何の魚かは当日しかわかりません)で少しだけ出させていただきます。
a0267855_1016322.jpg


↑昨年の写真

朝が早いのですが、夏祭り面白い企画がありますのでお時間ありましたら是非お越し下さい。

ちなみに昨年のもようはこちら→
[PR]
by shin7300 | 2016-06-19 12:42 | 料理

特別講師?!

日曜日、広島朝市祭り。
毎週お世話になっています。
新鮮な野菜と魚。今回はくじ引きや、ジュースの試飲など催し事の中に…
広島漁師の会・魚のさばき方実演があり、特別講師として呼んで頂きました。

a0267855_93246.jpg

a0267855_9331267.jpg

広島ブログでお世話になっている、漁師のhanaさんにお誘いを頂き快諾。
どんな魚がくるか分からないので、ドキドキしました。
鯛、黒鯛、鮗(このしろ)、鰈(かれい)の四種。
a0267855_9322371.jpg

a0267855_9323956.jpg

何とか形になっていたのだろうか?
お集り頂いたお客様ありがとうございました。
そしてhanaさんお世話になりました。
[PR]
by shin7300 | 2015-07-21 09:39 | 料理

白い茶碗蒸し

ピュアホワイトとう、玉蜀黍が最近ありました。

これで摺流しを作ろう。
昆布だしと塩のみで作ります。
合わせるのは茶碗蒸し大きな器で蒸しておき、冷ましておきます。
玉蜀黍冷製茶碗蒸し
a0267855_22274157.jpg

生でも食べれると聞いていたので、写真には見えませんが生の粒もスープの下で隠れています。
掬って食べると、優しい自然の甘さが広がります。

昔はバター、生クリーム、牛乳など入れていました。
最近はそれを使わず、素材と対峙している事の方が多い様な気がします。
それ以上もそれ以下もない。シンプルな味わいを引き出す。
大事な事だと感じています。
[PR]
by shin7300 | 2015-07-14 22:30 | 料理

とうとう、小鰯の刺身

解禁して1ヶ月位の小イワシ。
ようやくありつけました〜。
100g 80円とまずまずの値段。
美味しいのと安い、そして一番は朝どれの新鮮なのがいい。
a0267855_14243663.jpg


新生姜と一緒に生姜醤油でいただきます。
美味しかった〜。

大好きな初夏の味です。
[PR]
by shin7300 | 2015-07-08 14:25 | 料理

青い香りが…!?

ちょっと前にtanaさんから頂いた鳥貝。
久しぶりに刺身も食べたいし…

お椀も食べたいし。

冷蔵庫を開けると椀種になる様な野菜がない!?
あるのは胡瓜だけ
冬瓜とか加賀太胡瓜、ズッキーニなどもお椀にはいっているので大丈夫だろうと。
蛇腹に打ってお湯でさっと火入れしておきます。
鳥貝はさっと焼いて盛りつけます。
a0267855_6233100.jpg

お椀の出汁は昆布、そして鳥貝の内臓。
塩と少しの薄口醤油で味を整えます。
鳥貝のお椀は美味しかったのですが、妻からは胡瓜が少し青臭いよねと
やはりの指摘。

a0267855_623473.jpg

刺身はシャキっとした歯ごたえがあり美味しかったです。
ありがとうございました〜
[PR]
by shin7300 | 2015-07-05 06:24 | 料理

半夏生

昨日7月2日は半夏生でした。
夏至から数えて11日目。二十四節気を、さらに三つに分けた七十二候。
この日までに田植えをしなければ、
お米の収穫が減ってしまうと農家の間では言われていました。
因に半夏生からすぎて収量が減ってしまう事を半夏半作(はんげはんさく)というそうです。

a0267855_7113811.jpg


各県それぞれあるみたいですが、福井県は焼き鯖を食べる習慣。
関西方面は蛸を食べる。
この日は滋養のある物を食べ、田植えで疲れた体を癒すという事です。
半夏生の頃の瀬戸内の蛸は旨い。
歯切れがよく、旨味もたっぷり。

パリパリする胡瓜と新生姜を合わせて生姜酢でいただきました。
七十二候を見ていると、農家の人の目安。
農業をしていた日本人の動きが見えてきます。
日本に産まれて来たのだから、もっと勉強していきたいと思います。

由来は…半夏というカラスビシャクという里芋科の薬草が生える頃。
    つまり半夏(が)生(える)。からきているそうです。
[PR]
by shin7300 | 2015-07-03 07:17 | 料理

昆布の山椒煮

もう終わりかけですが、実山椒の仕事を沢山しました。
a0267855_23183958.jpg

1パックでも一人でやれば大変な仕事。
枝を取るのにかなりの時間をつかいます。
a0267855_23194084.jpg

何回か茹でこぼしてさらす事を繰り返し、アクをある程度抜いてから。
しょうゆ漬けにして保存しておきます。

出汁がらの昆布を切り、水と酒と味醂少々でゆっくりと炊いてきます。
柔らかくなったらしょうゆ漬けの実山椒と醤油で味を整えます。
昆布の山椒煮は白ご飯の友達。
お酒でもいけます。
市販の物とは香りが違いますので、手間はかかりますが是非一度お試し下さい。
[PR]
by shin7300 | 2015-07-01 23:20 | 料理

野蕗うるめ煮

野蕗を先日、叔母に頂きました。

ボイルして皮を剥き、スジをとりキンピラみたいに作りました。
太白ごま油で炒めて酒少々と味醂少々いれ更に炒め、最後に薄口をいれうるめ節を少し入れたら
出来上がり。
a0267855_0241741.jpg

御飯でも酒でもいい。
野蕗は香りがよくていいですよね〜
[PR]
by shin7300 | 2015-06-25 00:24 | 料理

あんこが決め手

広島県産のジュンサイをtanaさんから頂きました。

あんこが決め手っといったのは料理人の中で、ジュンサイのゼリー状の所を指します。
最初広島が名産だと知ったのは、京都和久傳で12年前くらいに食べた時です。
ビー玉みたいな物があったんだ〜と感動した覚えがあります。
a0267855_813312.jpg

今回の食べ方は、トマトの透明な出汁をとりそれに塩を少々。
これだけです。
清涼感あるものと相性はバッチリ。ジュンサイも湯がかずにそのままです。
土佐酢を出汁で薄めた吸い酢で食べるのも好きですが、こういう食べ方もいいなと思いました。

素材のシンプルな味わいを引き立たせる。
最近は食材がよければ、私はより自然な調理法を選択してしまいます。
[PR]
by shin7300 | 2015-06-21 08:15 | 料理