カテゴリ:花( 5 )

原田耕三先生

デジカメからこんな写真を見つけた。2010年の手帳に沢山のメモがあったので、それを編集しながらのアップです。とても大変だった…

立花(たてはな)のデモンストレーション。東京にいた頃の写真です。
a0267855_16163536.jpg

原田先生は古典華道の実践者として名高い岡田幸三師に師事され、山口県で華道塾を営みながら、京都の師の元に通われ、室町時代から続く「立て花」、江戸時代の「立花」をはじめ、生涯いけばなを探求された、岡田師の技術と精神を受け継ぐ稀少な伝承者だそうです。

2006年岡田師の他界以降、師の東京の生徒たちとの交流が始まり、山口を拠点に、東京でもいけばなの指導で、ご活躍されているそうで、親友の人が誘ってくれたので一緒に同行させてもらいました。
何でも60年位薫陶を受けたそうで、凄いなと本当に思いました。


立て花(たてばな)は、お花の最初の形だそうです。素直な姿で仏様に奉る。江戸時代初期には立花(りっか)と呼び名も変わったそうです。江戸時代中期には草木の理想の形を追求した「生花(しょうか)」というものもあるそうです。

これは何かな?
a0267855_16321335.jpg

a0267855_16323665.jpg

御玄猪(おげんちょ)というものです。これは池坊の宗匠のデザインだそう。銅製。

藁を灰汁抜きして込み藁というものを使い生けていく花。この込み藁は10年から20年も使う事ができるそうです(すごい!)
a0267855_16174261.jpg


基本となる釣合いの取り方を勉強しました。
花の根本の切り方で込み藁の寿命が決まる。我を張らずに、心を込めて削る(難しそう)
はさみで切り鉛筆の様にナイフで鋭利にする。
いける時は前へ前へ出ようとする気持ちを後ろにやってくる事が大事だそうで、他のものを生かす為に自分の欲を切り捨てる事が大事だそう。

配置は真・受・添えとあるそうです。
自然の力を残し、主役の為に脇役(主役級のを)を切り捨てる時もあるそう。

a0267855_16183755.jpg

ろう梅 シャガ 椿 松
a0267855_16212392.jpg

最後に綺麗な水を張って水面に映す。本来の生け花の慎みを表すそうです。(控えめにが重要)
a0267855_1623377.jpg

a0267855_16254572.jpg

a0267855_16262690.jpg


私はな〜んにも知らなかったので全て勉強でしたネ。
a0267855_1619632.jpg

a0267855_16215917.jpg

a0267855_16201520.jpg

この配置は受け(紅梅)・真(しだれ柳)・射(たいと読む・つつじ)
胴(ユキヤナギ)・奥(若松)・流し(五葉松)
秘伝は真を物足らずに据えた方がいいそうで、物足らない真がいいそうです。

針や釘や針金を使う事もあるみたいですが、その姿を生かして調和・虚実・長短のバランスを自分の感覚でいけていく。
a0267855_1623169.jpg

a0267855_16264860.jpg


a0267855_1625920.jpg



最後にお花を拝見して、抹茶を頂き先生と話をさせていただきました。
a0267855_16204765.jpg


とても興味深い話があり…″際(きわ)は彼岸″と言われていて、この意味は行けどもいけども真偽は深い。(何事も極めようとしたら奥深く一生勉強とういうことかな、一生でも足りないと思う)本当にそうだと思います。

こういったものを勉強して、その場・環境にあったいけばなを自在に生けることができるようになればいいですね。
a0267855_1627974.jpg

日本の花の歴史といけばなの文化の精神に触れることができ、とても楽しい時間でした。
今更ですが、本当にありがとうございました。


立花いいなと思った方、ポチッと応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-02-17 15:49 |

撫子 (なでしこ)

a0267855_11102269.jpg

先日車で山道を走っていると可愛らしい撫子が咲いていました。

「万葉集」の和歌には、撫でるようにしてかわいがる子(女性)と掛けて詠んだものが見られています。

昔は、夏から秋にかけて花をつけることにちなんで、「トコナツ(常夏)」とも言ったそうです。

撫子は下の6種類とあわせて秋の七草ともいわれています。
女郎花(おみなえし)、尾花(ススキのこと)、桔梗(ききょう)、藤袴(ふじばかま)、
葛(くず)、萩(はぎ)

春の七種と違い、秋の七草に直接何かをする行事は特にないみたいです。
秋の、野の花が咲き乱れる野原を「花野」(はなの)といい、花野を散策して短歌や俳句を詠むことが、古来より行われていた。秋の七草は、それを摘んだり食べたりするものではなく、眺めて楽しむものであるみたいですね。

少しずつ秋らしくなってきてるので、時間を作って山野草を摘みに行きたいなと思います。

応援よろしくおねがいします→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2012-09-26 11:10 |

いつのまにか

a0267855_942636.jpg
一ヶ月でこんなに大きくなりました。

成長の速度の速さにビックリemoticon-0104-surprised.gif

いつの間にか梅雨も明け、夏真っ盛りですね。汗っかきの私にはつらい時が来ました。
生まれたのが夏なのに夏が苦手なのはなぜですかね?
a0267855_9404264.jpg


風船葛の成長楽しかったのですが、もう種ができて枯れていくと思います。
あっという間に過ぎていく日々にも意味があって、そんな日々を大切に生きていきたいですね。
[PR]
by shin7300 | 2012-07-20 09:43 |

八重のドクダミ

a0267855_10513679.jpg
 この前、財満さんの窯に行った時に、玄関にあった八重のドクダミです。

銀座に勤めていた時に、あるギャラリーで見た事があって葉っぱも茎もドクダミなのに、
可愛らしい花をつけているのにビックリしたことがありました。

調べると突然変異みたいなのですが、可愛いですよねemoticon-0155-flower.gif

株を分けてもらい実家に植えてもらいました。
沢山増えてくれるといいなemoticon-0117-talking.gif
[PR]
by shin7300 | 2012-06-21 10:51 |

風船葛

a0267855_945199.jpg
我が家の庭に鉢植えしてる風船葛です。
つる性の植物で一年草。白い5mmくらいの花を咲かせるんですが可愛らしいんですよ。
花は葉腋からでる長い柄の先に数個付き、巻きヒゲを共につける。果実は風船状に大きく膨らみ、緑色。後に茶色く枯れる。種子は球形で大粒、なめらかな黒でハート形の白い部分がある。

よく茂ったときは非常に涼しげに見えますよ〜emoticon-0142-happy.gif
種子は、白っぽいハート形の部分をサルの顔に見立てて遊ぶこともあるそうですemoticon-0155-flower.gif

家に花があるとふとした時の癒しになりますよね〜!
因にこんな感じになります。
a0267855_9594071.jpg

[PR]
by shin7300 | 2012-06-08 10:01 |