「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

PIANO DUO AMUSique (アミュージック)

この前の日曜日の夜に行ってきました。とっても寒かった〜、夕方雪がちらついとったし(苦)
a0267855_10383011.jpg

中区中町にある、クリスタルビル19Fのライブジュークという所でありました。


a0267855_10392069.jpg

夜景とかほぼ見ないというか、見に行く事がないので、唯一見れるいい機会です。
この会場は本当に広島の宇品とか海田大橋とか見えてとてもきれいです。

左が極さん、右が智代さんです。
a0267855_10394177.jpg


本当に楽しそうに弾いてるんだよな。プロだな。ジャンルは違えど勉強になります。
a0267855_10395494.jpg

a0267855_10401393.jpg

2時間位の演奏でとても内容がよくたのしい。アレンジがとてもいい感じなのです。
お酒を飲みながらピアノを聞く。とても大人な時間です。こんな事基本してないので…

a0267855_10404522.jpg

折り紙がパンフレットと一緒に入っており、折り鶴を折るのがお決まり。

2011年の結成なのですが、コンクールで多数の賞を受賞しているそうです。凄いな。

広島音楽高等学校出身の同級生が作り出す音は、斬新であり繊細な音。
ジャンルの枠にとらわれず、本当に音を楽しむ!(音楽だね)事を追求しているみたい。
音楽の幅が広く、アンパンマンのマーチが流れていたり、リストが流れていたり…。

ライブのコンセプトも、ファッションもとても面白く、前回も楽しかったですが、今回はもっと楽しかったな。精度がかなりよくなってきているのを感じました。

本当に新感覚のピアノデュオだね。

極さん(←きわみと読む、カッコイイですよね)、智代さん、楽しい音の時間をありがとうございました。
a0267855_10384690.jpg

次のコンサートは3月17日。
会場は違いますが、フェイスブックもされているみたいなのでそちらをチェックして行ってみてはいかがでしょうか?ほんと新感覚ですよemoticon-0142-happy.gif

新感覚みてみたいと思った方、ポチッとお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-01-31 10:48 | 日々のこと | Comments(0)

昨日の朝、起きてビックリ!

雪、積もってるよ!!まじで〜
朝起きたのが少し遅くなりました。前日、帰ったのが遅くて。

満点ママを見ていると交通機関も止まっているみたいで…まあそりゃあそうか。
呉道路大丈夫かなとか、海田の橋はどうなのかと思っていると…やっぱり通行止めみたい。

ふと、父親の事が気になり始めて(父は大工なのですが、呉の川尻から中広の現場まで車で通勤しているので…)母親に早速電話。

6時頃に出たのに、坂の辺りからまったく動く気配がなく往生してたみたい。
結局仕事をやめて、帰って来たとか。お疲れさまでした。ガソリンも高いのにブリブリ捨ててしまいましたが、これはもうどうしようもないよね。自然には本当に勝てっこない。

4時間位車の中にいたそうですが、事故もなく帰って来た事だけでも本当に安心あんしん。

私はというと、通勤で自転車を使っていますので、事故らない様に気をつけながら行きました。

そうしたら、面白い物が沢山。
よし、撮影しながら行こうと思い決行!

この不細工な雪だるま。ずんぐりむっくり
a0267855_10225960.jpg

目が、葉っぱなのですが、なんだかブサカワいいです。
a0267855_10231486.jpg

神社の前にはこんなちいさな雪だるま?
植木の上にはこんなにつもっています。
a0267855_10221584.jpg


平和記念公園は寒そう。景色だけでも寒いのに噴水はもっと寒くみえるよ。
a0267855_10233127.jpg

イサム・ノグチさんの設計の平和大橋にも積もっていました。
a0267855_10234774.jpg


この部分に積もってると思ってた(笑)
a0267855_10235967.jpg

店の近くの所に、大きな雪だるま。120センチくらいあったかな?
a0267855_10241985.jpg

Mって何だろう???謎です。
この雪だるま、帰りもそのまま残っていました。すごいな。まあ日もあまり当たらないので融けないよね。

a0267855_10243128.jpg

無事、店に到着。植木鉢の木賊にも積もっていました。寒かった。
広島に帰って来て初めてかな?、こんなに雪が積もったのは。

お仕事をされている方は大変だったと思いますが、子どもの時は嬉しくてしょうがなかった様な気がします。
イライラせずにその頃の気持ちになって遊ぶ気持ちを持ってみるのも楽しいですよ。
童心を(程々にですが…)忘れずに生きていきたいです。

昨日の雪 凄かったなと思った方、応援よろしくおねがいします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-01-29 10:32 | 日々のこと | Comments(0)

マテ貝

a0267855_10502989.jpg

冬から春にかけて旬のマテ貝をお魚屋さんからいただきました。写真がブレている…emoticon-0114-dull.gif

東京にいる時はあまり見かける事がありませんでしたが、広島に帰って来てからは頻繁に見る食材です。

マテ貝のまては〈真手〉で、両手のこと。殻の両側から足と水管を出しているのが、左右の手のように見えるからこの名前がついたそうです。

山口県産や大分県産がよく出回っていますが、広島の干潟でもとれるみたい。
狙いは大潮の干潮時の±2時間位だそうです。
少し掘って、穴に塩をいれたらピュッと出てくるみたいです。今年獲りにいってみたいな…。

調理法は焼いて、醤油を少したらすだけでも美味しいらしいですが、バターで炒めて最後に生海苔をいれてもおいしいです。
食感がシャクシャクしているのがとても美味しいと思います。貝って本当に美味しいですよね。

これから色んな貝が旬になります。(貝は春の季語にもなっている)

体にもいい成分がたっぷりで、疲労回復にもいいタウリンなども沢山含まれています。食べ過ぎてはいけないと思いますが、バランスよく旬の物を食卓で食べるといいと思います。
a0267855_10505834.jpg

因に、私の家では海苔と白ネギと一緒にパスタになりました。美味しかった〜

マテ貝食べたい!と思った方、応援よろしくおねがいします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-01-28 10:54 | 料理 | Comments(2)

守破離

a0267855_12333123.jpg

これは私の師匠である無量塔の料理長が作った、城下カレイの藤見立てのお造りです。
器は骨董のスリップウェア(本当にいい器)です。いつみても、おやっさんの料理はかっこいいです。

守破離とは、武道や芸能などの世界で良く使われる言葉です。

ざっと説明すると、
最初の段階では、指導者の話を守る。
できるだけ多くの話を聞き、指導者の行動を見習って、指導者の価値観を自分のものにしていく。
すべてを習得できたと感じるまでは、指導者の指導の通りの行動する。

次の段階で、指導者の話しを守るだけではなく、破る行為をしてみる。
自分独自に工夫したり、色々な人の仕事のやり方を聞いて色々と勉強していく。

最後は、指導者のもとから離れて、自分自身で学んだ内容をさらに発展させる。

簡単に言うと、真似→オリジナル性の模索→新しい物を作るといった感じでしょうか?
 
ただ、勉強と言っても私の場合は、日本料理の精神的な所や、昔の料理を勉強したいと思っています。それを分かっていないと自分の料理って中々出来ないと思います。

昔の人は生きていないので本を見て、いろいろと勉強していっています。(まだまだですが…)

音楽界でも、バッハやベートーベンの学術的研究で受賞多数されている、ピアニストのアンドラーシュ・シフさんが言っていたのですが、若い世代に伝えたいのは、テクニックばかりに集中するのではなく、幅広く 文学・歴史・哲学について学んでほしいということです。
とおっしゃってるのを聞いてこれだなと思いました。

このことは、どんな世界でも通用し、応用できる考え方だと思います。
この精神を大事にしていく事が、日本人としての誇じゃないでしょうか?
毎日忙しく、じっくり向き合う事ができませんが日々精進です。

守破離いいな!と思った方、応援よろしくおねがいします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-01-27 12:38 | 日々のこと | Comments(0)

井山三希子作陶展

昨日から、ギャラリー一葉で個展されている、井山三希子さんの作陶展にいってきました。

a0267855_1046844.jpg

a0267855_1046239.jpg

a0267855_10464027.jpg


あったかい、日常にあう器達が並んでいました。
女性作家ならではの優しい感じ、とてもいいですね。私も大好きです。

a0267855_10454110.jpg

このちいさいボールはゆらいでいる感じがとても心地がいいなと思います。

オーブン皿とかも沢山あり、冬の寒い時期には登場する場の多い器達が並んでいます。
レシピ帳もありいい感じでした。

作家さんともお話をさせていただいたのですが、東京西麻布の「さる山」で個展されているみたいで、広島の作家の寒川義雄さん(さる山で個展をされているので)の名前を出したら知り合いだそうで…     明日一緒にお昼を食べるんですよと…!!!
いきなりお話が弾んでしまいました。人との繋がりはとても大切ですが、こんなところで繋がるとは嬉しい限りです。

a0267855_10474840.jpg

私は、抹茶を立ててみたいなと思った、この器を購入させていただきました。写真はかなり実寸に近い。
高台がないので安定はしないのですが、この揺らぐ感じが他にはない感じで面白いのではないのかと思います。

今日まで作家さんは在廊されているそうなのでご興味がある方はいってみては…。
個展は、2月1日までされています。

この優しく温かい感じの器が好きな方、優しくポチッとお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-01-26 10:52 | | Comments(0)

ムッシムパネン (MUSIMPANEN)

a0267855_10265458.jpg

日曜日に少し遅い朝ご飯を食べた後に、銀山町の川沿いにあるムッシムパネンにコーヒーを飲みに行こうという話になり、行ってきました。

この日は、広島の駅伝があるみたいで少しゆっくりとしていましたのでラッキー!

ちょっとした相談事とかもあったりしたので話をする事が出来てよかった。
普段の生活では向き合って座り、話す事もないので何かこういった時間を作るのもいいですよね。
a0267855_10271160.jpg

ケーキがとてもお洒落で美味しい。芸術品みたい。名前はカタカナなのでいつも通り忘れてしまいましたが…

ショーケースに並んでいるのも美しく、表参道にあるケーキ屋さんみたい。
上質な日常を感じれるいい時間でした。  ありがとうございました。

ケーキ美味しそうだなと思った方、ポチッとよろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-01-25 10:28 | グルメ | Comments(0)

まながつお

a0267855_10411570.jpg


ぼちぼち大きなまながつお。
a0267855_10414677.jpg

ぶちゃいくな顔をしていますが、味はいい。
お刺身、焼き物、揚げ物と割と何でもできます。骨も柔らかく一緒に食べる事が出来るので、カルシウム摂取もばっちり。

名前の由来としては、カツオのいない瀬戸内海などで、初夏にとれる本種を「カツオに見立てた」ところから。「真似鰹(まねがつお)」から転訛したもの。

「魚のなかでも特にうまいため、「真名魚」を「真な=親愛を表す語」で「真にうまい魚」の意味。

西海にサケなし、東海にマナガツオなし。と言われる位、美味しい。
最高な食材です。
日本料理では西京味噌に漬けて″西京焼″にしますね。

自宅でしたので、幽(柚)庵焼にしました。
今が旬の黄柚子を使って、醤油だれに1時間程漬けて自宅でかけ焼。
a0267855_1042915.jpg

a0267855_10422627.jpg

a0267855_10424694.jpg

a0267855_10431630.jpg

a0267855_10433733.jpg

中々美味しいのができました。(自画自賛)

今が旬のまながつお、是非買って食べてみてください。お酒もご飯も進む事間違いナシ。

まながつお食べたいと思った方、ポチッとよろしくお願いします→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-01-24 10:48 | 料理 | Comments(0)

金継ぎ

a0267855_1215162.jpg
吉島にある、柴田健司さんの自宅に金継ぎを教えてもらいに伺ってきました。

入り口が分からず、少し迷いましたが表札が見えてホッとしました。
この細い道(陶片が沢山転がっている)を行ったらご自宅の横に制作されている工房がありました。
a0267855_1231643.jpg

何とも粋な空間で、上を見上げたら沢山の古書がありました。
色んな本から勉強されているのがわかります。ルーシーリー、魯山人、加守田章二、縄文土器、弥生土器。この本に興味津々。

抹茶を立ててくれました。美味しい〜
a0267855_1222857.jpg

a0267855_123452.jpg

お茶請けは、湯木産の巻柿(干し柿にたっぷり柚子の香りがする)というものでした。自然で美味しい。

a0267855_1242155.jpg

金継ぎしたいかけた器や、古染付けの大きくかけたもの(ただでいただいた)を持参して修復の手ほどきを受けました。
用意する物を教えてもらい、初歩的な金継ぎのやり方を教えてもらいました。
 
因に用意する物は…
カシュー(漆のかわり)、万能パテ(ダイソーとかでも売っているそうです)、カシューのうすめ液、細い筆、真鍮粉(銀粉や金粉の代わり)、紙ヤスリ、カッターです。

パテを練って少しずつこすりつけてひっつけていくのですが、手が汚くなってたのと、時間との真剣勝負だったので写真を撮る事が出来ませんでした(汗)
こんな感じで修復できました。初めてだったので何かヘタクソですが…
こればっかりは経験ですね。
a0267855_1245872.jpg

a0267855_1252292.jpg


結構、黙々集中する事は好きなので楽しかったです。
壊れた物をつなぎ、漆で接着した跡を、金や銀などで再生し新しい価値を見いだす。
とってもecoです。
それを、室町時代ぐらいからよしとして、美品として以前の姿より価値ありと観る。こんな技術をよしとする我が国は、他の国にはない珍国だと思います。
日本の精神は本当にすごい。こういった技術も後世に繋いでいきたいです。

因に、しばたけんじ・まさこさんは、本通りにあるテングスクエアというところで、毎年春ごろに個展をされています。(これは昨年の物です)
a0267855_1253857.jpg


金継ぎいいなと思った方、ポチッとよろしくお願いします→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-01-23 12:08 | | Comments(3)

船田玉樹

a0267855_1034055.jpg

今、勤めている店の床の間です。船田玉樹さんという日本画家の方が書いた物です。

本当にいいですよね。″松″という題名。墨で描かれているのですが本当にかっこいい。
墨の濃淡だけの色で表現する。素晴しいです。
a0267855_10341589.jpg

こんな感じの軸大好きです。

昨日から県立美術館で、生誕100年 船田玉樹展が始まっています。
今勤めている店の社長の父親と仲が良かったらしく、よく一緒に酒を飲んでいたそうです。
その頃は、いろいろ苦労されていたみたいでことあるごとに絵をもらっていたそう。

芸術という物は本当にやっていくのは大変ですよね。
その時に頂いた物が今、店で四季折々の風景や情景を醸し出してくれています。
時代を越えてそれを紹介できるのは素晴しい事だと思います。

同じ呉出身(実は市町村合併で呉になっただけで、実は豊田郡川尻町)という事もあり、何だか親しみも感じます。

多彩な作品を描いていたみたいで、戦前戦後を力強く生きていたとあったら見にいかなくては!

2月20日までされているので、是非この機会に。

私は今週に行きます。楽しみ〜
a0267855_10594053.jpg


一日一ポッチ(膳)よろしくお願いします→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-01-22 10:37 | 日々のこと | Comments(0)

聖護院大根

a0267855_10432710.jpg

金曜日にNHK広場でやっている、ひろもり産直市で買った、大きな聖護院大根。

冬は根野菜が美味しいですよね。
a0267855_10434799.jpg
切って、面取りしてました。このひと仕事が仕上がりを左右します。
家庭料理の煮物は切っただけとかでも好きですが、私は料理人ですので、時間がかかってもやってしまいます…。
まあ料理をするのは趣味兼仕事みたいな感じですので全く苦になりません。楽しい
a0267855_10441448.jpg


この茎や面取りした端もみそ汁に入れていただきました。剥いた皮も茎と一緒にパスタにする予定。
一つ全部食べる。それが、大事です。

a0267855_10444533.jpg

シンプルに、出汁と大根を下ゆでした煮汁で割って炊きました。

a0267855_10451172.jpg

合わせるのは菜の花。ハウスものだと思うのですが、柔らかかったです。

a0267855_10453127.jpg

a0267855_10472495.jpg

炊いてすぐなのであまり味ははいっていませんが、美味しい。軽く柚子味噌をかけていただきました。大根がサクッと切れて、口の中でほっこりとします。さっぱり系の燗酒が飲みたい。
そんなホッとする料理です。

最近買ったこの黒の丸皿もかっこいいです。

白の大根が際立って見えます。 冬の寒い風景をこの一皿で表しているみたい(言い過ぎかな…)
でもそんなイメージで作りました。

味付けは優しい味で地味な感じですが、大根以上の味にしないのが私の考える料理です。

一日一ポッチ(膳)よろしくお願いします→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-01-21 10:58 | 料理 | Comments(0)