<   2013年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

30回目の誕生日

昨日は誕生日でした。
a0267855_9505150.jpg

とうとう30歳になりました。いつの間にか…早いですね。料理をしてから12年目。
論語の中で孔子が語っているのは″30にして立つ″。
これは学問の師として世の中に立っていたそうです。私も早く立てるように毎日、仕事をしていきたいです。
故郷に帰って来てから、さらに強く思いを持つようになりました。

ケーキいろいろいただきました。

両親より。
a0267855_9511331.jpg

店のみんなより。
a0267855_9512921.jpg

妻より。
a0267855_952658.jpg

3?って何だ??

店のみんなからは素敵なぐい飲みを頂きました。最近、器あそびで個展があった村島順さんのものです。何でも器あそびのオーナーさんも参加してくれて…嬉しい限りです。いいご縁を頂きました。
村島さんのこの器は4日間焼成されているのでとてもいい景色になっていました。
a0267855_9522110.jpg

a0267855_9522572.jpg

本当にありがとうございます。
ハガキやメールも頂いたりと…色んな人に祝福されて本当に温かい気持ちです。
感謝の気持ちをもって日々仕事をしていきます。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ   
[PR]
by shin7300 | 2013-07-31 09:57 | 日々のこと

NHK交響楽団 呉公演2013

母が懸賞であてたチケットで、母と一緒に聴きにいってきました。
a0267855_0254715.jpg

曲目はモーツァルト/ピアノ協奏曲 第20番 二短調 K.466
ブラームス/交響曲 第1番 ハ短調 作品68でした。

指揮者は正指揮者の尾高忠明さん。テレビで見るのとそのままで、とても優しい雰囲気。

モーツァルトを弾いたのはリアルのだめとも言われている萩原麻未さん。
ジュネーブ国際コンクールで日本人として初めて優勝。しかもそのコンクールでは8年ぶりだそうです。
話題になったときから、気にはなっていたのですがようやく聴く事ができました。
とてもいい席で手元がみえてとてもよかったです。
アンコールの″ショパンの12の練習曲 牧童″も素敵でした。

ブラームスは最近ちがうオケで聴いたのですが、全然違う曲でした。さすがN響だなと感心しました。何人もが奏でる音が一致して数倍にも鳴っていました。

同じレシピの料理でも作る人が違えば味が違うように…(もっと複雑だと思いますが…)同じ曲でも全然ちがいますね。
とてもその音に惹かれて鳥肌がたちました。ハーモニー…久しぶりに感じました。
そんないいハーモニーを、口の中で空間で…作って行けるようにならんといかんなとも思いながら、あっという間に2時間位の時間はすぎていきました。

アンコールはモーツァルトのディベルティメント2楽章。
演奏が終わったあとに尾高さんがいいホールでとても気持ちよく演奏させてもらいました。最後にくれぐれも…(呉にかけて)と駄洒落をいっていました。

そんな温かい時間を今日は過ごす事ができました。
明日からの仕事の活力です。よし、寝よう。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ   
[PR]
by shin7300 | 2013-07-28 23:05 | 日々のこと

梅ジュース

a0267855_1030544.jpg


自宅で作った梅ジュース。
これを飲むことで、なんとか夏バテをせずに過ごしています。

三温糖、甜菜糖、氷砂糖といろいろな種類で漬けてみると味わいも違って面白いです。
作り方は至って単純で、梅を一キロに対して砂糖を一キロです。

自宅では5キロぐらいでしたが、母は30キロ漬けていました。
それも少しもらいました。
私はかなり汗っかきで、大変なので水分補給に水で割ってもらい、少し塩を入れて毎日水筒にいれて職場に持って行って飲んでいます。

青梅で作るのがいいといいますが、完熟梅でも美味しいです。

白カビがもしついたとしても気にせず発酵させてください。
a0267855_1030555.jpg


とても香りのいいジュースができますよ。
ただの炭酸水で割るのもオススメです。夏のこの時期にはサッパリ。

自然の物は体に負担なく入って、自分の力になってくれます。
四季の恵みを自然に体に取り込み、毎日を過ごしたいですね。

今年は梅の時期は終わりましたので、来年やってみてください。
夏を乗り切るのにオススメです。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ   
[PR]
by shin7300 | 2013-07-28 10:11

実家の野菜畑

父が大工の合間に作っている野菜達。

結構こだわって作っています。土壌は自分で耕して自然の肥料を(腐葉土は山から、生ゴミとか貝殻)いれて自然につくっています。
仕事が忙しいので、なかなか思うようにいかないらしく…
種をまくのが遅くなったとかいっていますが、本業ではないので〜とも思います。

昔からこの場所にあった茗荷。大好きです。初収穫だったみたいです。
a0267855_11264599.jpg

小学校の頃から茗荷が大好きだった私。よく祖母には食べ過ぎたら馬鹿になるよといわれていました。でも今考えると…子供の頃から変わってたなと思います。

a0267855_11255425.jpg

胡瓜はしっかりと棘の付いたおいしそうな物が沢山なっていました。
a0267855_11272165.jpg

毎日大きくなるので大変。沢山収穫出来るそうです。

枝豆も出来つつありました
a0267855_1127261.jpg

人参は雑草と一緒に群生していました。自然でいいです。栄養も競い合い。
a0267855_11273571.jpg

a0267855_11284361.jpg

とりわすれていますが、大葉も沢山あります。

父の作る野菜。美味しいです。おすそわけをよく頂いています。
私も将来、自家菜園を少しづつしながら料理…していきたいな。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ   
[PR]
by shin7300 | 2013-07-24 11:30 | 食材

土用丑の日

7月22日は土用丑の日でした。
a0267855_10401154.jpg

昨日はお突き出しで鰻の寿司を少しだけお出ししました。炭火でやいたのですがやっぱりおいしいですよね。

土用丑の日…諸説あるみたいですが、鰻にはビタミンA・B群が豊富に含まれています。
夏バテ、食欲減退防止の効果が期待でき、この時期に食べる事は理にかなっているのかな!?とも思います。

といっても、鰻は年々高くなる一方でなかなか食べれませんよね〜。シラスウナギが激減しているのが原因みたいですね。
ただ、鰻の旬は冬眠に備えて身に養分を貯える晩秋から初冬にかけての時期で、秋から春に比べても夏のものは味がおちるらしい。
本当の旬は違うみたいですね…

今日は二十四節気の大暑。快晴がつづいて、気温もあがってやれん時期がやってきました。
この時期にスタミナタップリの鰻を食べてバテないように乗り切りましょう〜。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ   
[PR]
by shin7300 | 2013-07-23 10:40 | 料理

村島順 土瓶・急須展

福井で作陶されている村島さんの作陶展にいってきました。

場所は広島市十日市の器あそびさんです。
岩国の本店の器あそびさんで二週間前くらいにされていた模様。


ほぼ急須と土瓶とポットだけ作られているそうです。
水切れがとても良くいい急須や土瓶たち。
a0267855_23304193.jpg

値段も1日間で焼成されているものは12600円。
4日間焼成されている物は少し高いですが、灰がしっかりかかっていてビードロが出てとてもいい景色。常滑の土を使っているそうです。
a0267855_23304211.jpg

何でも男のお客さんが多いとか…
この形、肌合い凄いですね。
a0267855_2331276.jpg

この方を調べてみると、越前の山合で鮎釣りを楽しみながら、急須ばかりを作り続けて30年。
窯の名前は、「鮎陶房」というそうです。面白い方ですね。
作家さんにはお会いする事は出来ませんでしたが、とてもいい空間でしたよ。
李朝家具も少しあって品のいい感じが出ていました。お店をする時はこんな感じがいいなとか妄想してとてもいい時間でした。

花器もステキでした。
河原撫子の可憐な感じ。
a0267855_23302744.jpg

今回は何も買いませんでしたが、こんないい急須をつかってお茶を飲んでみたいなと思いました。
結構ザラザラとしている感じではありますが、使って行く事にしっとりとしていく本物の育つ器だと思います。
一生大事に使っていけるもの。いい物を買い、使って、日々の生活を上質にしていく事はとても大事だと思います。

28日の日曜日までされているそうなので、是非いってみてください。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ   
[PR]
by shin7300 | 2013-07-21 23:39 |

梅の土用干し

a0267855_13536.jpg

料理の仕事に入ってから始めた梅干し。
土地は変わっても毎年漬けています。ようやく10年目になりました。

1年に一回の仕事なので、と思って最初ははじめました。
亡くなった祖母が漬け物上手で私はその漬け物が小学校の頃から大好きでした。
奈良漬け、らっきょ、糠漬け、白菜漬けもう聞く事は出来ないので試行錯誤です。
ただ幼少の頃に経験した味が、今でも記憶のどこかに残っているのでありがたい事です。

梅干しは自分で作り始めて、まだ10回しか作っていないので…模索中です。

毎年漬ける塩分濃度もかえながらやっています。
今年は12%の塩分濃度でしかけてみました。

6月中旬に仕込んでようやく土用干し。三日三晩といいますがそれも様子をみながら適当にやってみる。
経験が物をいいます。といってもわたしもまだまだですが…
まずやってみる事が大事。

天日で干す。素晴しい技術ですよね。太陽の力が梅の中にしっかり入って行き、それを人が摂取する事はその自然の力を頂くという事。
梅は太陽の強い日差しにあてることで、水分をとばし、梅の皮や果肉をふっくら柔らかくさせ、色も美しく仕上げ、保存性のよい梅干になります。
切り干し大根もそうですが野菜を干すと旨味が凝縮したりいい効果が沢山です。

そんな昔の技術を大切にしていきたいですね。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ   
[PR]
by shin7300 | 2013-07-20 13:10 | 料理

鯛の松皮造り

a0267855_10544689.jpg


美味しそうな鯛がありましたのでお刺身にしました。今回は少し変わった調理法を紹介します。

「旨み」と「コリコリ感」を同時に味わおうと先人が考えたのが「湯引き」です。
夏のこの時期にさっぱりと食べれるいい調理法。
洗いもいいですが、皮ぎしの旨味を感じるのならばこれが一番だと思います。

まず氷水を作り、鍋で熱湯を沸かしておきます。

「三枚おろし」で造った皮つき「サク」の鯛の身を、皮目を上にしてまな板に置く。
手ぬぐい等薄い布か、キッチンペーパーで隊の身を被い皮が縮まなくなるまで、皮にしっかり湯をかける。
3~5秒が限度です。
あまり掛けすぎると皮がズルッとしてしまうので気をつけて下さい。
まな板を斜めにして湯がシンクに流れるようにすると調理がラクです。

身に熱が通り過ぎないうちに氷水に入れて粗熱をとり、ペーパーで水気を取る、身をペーパーで包みこの間20分程度冷蔵庫に保管した方が良い。縮んだ皮に亀甲型等の飾り包丁を身に食い込まぬ程度(1~1,5mm)切り込みを入れると平たくなり見栄えも良いと思います。

好みの厚さに 刺身引きで出来上がり。
 
「湯引き」をする事により、身と皮の間に多く含まれるコラーゲンをゼラチン質に変化させ「コリコリ感」と「旨み成分」を引き出そうとするのが「松皮造り」だと思います。
先人の知恵に感謝です。難しくありませんので是非ご自宅でやってみて下さい。

旬のイサキや鱸でやってみても美味しいですよ〜。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ   
[PR]
by shin7300 | 2013-07-18 10:56 | 料理

実家でバーベキュー

a0267855_10153970.jpg

日曜日の夜に実家の駐車場でバーベキューをしました。
夕立が降るとの知らせに父がテントを張ってくれました。凄くいい感じになっています。
a0267855_1016991.jpg

さすが空間を作るのが上手です。
このお陰で雨を気にせず楽しくバーベキューをする事ができました。

といっても牛肉は焼かずに野菜と穴子、栄螺…肉は鶏の手羽と豚肉です。
a0267855_1017048.jpg

a0267855_10172533.jpg

久しぶりに楽しかった〜
しかし炭火は美味しいですよね〜
ガスとは全然違います。しかも外で食べると味は倍増です。スイートコーンも甘くてうまうま〜
a0267855_10201171.jpg

豚肉のたれ焼はご飯がススムいい味です。
a0267855_10174143.jpg

母が焼鯖のチシャ揉みを教えてくれました。しかし…揉みすぎた。サッと和える位でいいそうです。
a0267855_10173632.jpg

a0267855_10183188.jpg

外でなっていた胡瓜と茗荷を三杯酢で和えて焼穴子をいれた酢の物を作りました。
これもさっぱりでした。
a0267855_10182427.jpg


父が朝釣って来たイソベラもふっくらして美味しかったな〜
a0267855_10194130.jpg

最後は父と小エビと枝豆を焼きながら余韻を楽しみました。

夏に七輪でバーベキューオススメですよ。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ   
[PR]
by shin7300 | 2013-07-17 10:22 | 日々のこと

うな重一番

連休は実家に帰ってゆっくりしていました〜
a0267855_1022267.jpg

昼は安浦にある、うな重一番という所でうな重をいただきました。
暑い時期には鰻を食べてスタミナ充電です。土用の丑の日も近いですしね〜

ここは横に養殖場があるので新鮮です。
シラスウナギを広大川で取って来て、地下水で養殖されているそうです。
a0267855_10224943.jpg


うな重1800円をいただきました。
a0267855_1023337.jpg

肝焼も美味しかった〜
a0267855_102311100.jpg

臭み癖がなくとても美味しかったです。

デザートもいただきました。
a0267855_10234990.jpg

ここは予約しないと食べれないので、もし行かれる方は絶対予約してくださいね〜。
a0267855_10235475.jpg


うな重一番
小谷うなぎ養殖場
広島県呉市安浦町内平96
TLE:0823-84-5254

完全予約制
営業時間11:00~15:00
定休日:水曜日

応援よろしくお願いします。→広島ブログ   
[PR]
by shin7300 | 2013-07-16 10:28 | グルメ