「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

永遠の0を見て

a0267855_14503736.jpg


昨日、店主と一緒に見に行っていました。福屋・八丁座は満席。一番後ろの席でギリギリ見る事ができました。


一番最初に私の好きな俳優、故・夏八木勲さんが出て来てとても嬉しい気持ちになりました。

家族への愛情、今の私とも重ねたりして凄く胸が締め付けられる思いでした。
頭のいい、腕のたつ宮部という主人公が愚直なまでの想い。潔い気持ちに感動。

色んな人の感想はあると思いますが、70年位前はこんな事があったという真実。
もうそれを知っている人も、いなくなってきている時代です。

私の亡くなった祖父も南方に行って、命からがら遠泳で助かったという話を聞いた事もあります。
今では祖父が生きている時に何故、その話を聞いておかなかったのかと悔やまれます。

風化させてしまってはいけない。そして死にたくなかったであろう若き人たちの想いの上で私達は生きている。生かされている。のだと思います。

日本が少しでも良くなって欲しいと志願して死んでいった人達の死を無駄にしてはいけないと本当に思いました。

同じ過ちを繰り返してしまいそうな、最近の情勢。絶対に繰り返してはいけない。
そんな気持ちをさらに強く持ちました。


みなさんはどう思うか分からないですが、それぞれの目で見て、感じて欲しいそんな映画。

出来れば、時間を作って見てほしいなと思いました。
見るのは是非、福屋八丁堀本店にある八丁座で。何故かというと…シートが凄くいいですよ〜。
ゆったりと座れ、疲れません。


応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-12-31 14:51 | 日々のこと | Comments(4)

抹茶のブランマンジェ

あと3日で今年が終わります。
本当に忙しくて中々更新する気にもなれず、ぎりぎりまで寝転んでいました。
今日で仕事納め。明日は大掃除&忘年会です。今日も一生懸命頑張ります。
体力的にはギリギリ。休みが2週間ないと曜日も忘れて、物忘れも多く大変要領の悪い。
なんて駄目なんだと思う日々でした…

話はそれてしまったのですが…
いつぞやに無量塔のおかみさんからいただいた、抹茶を発見。というか忘れていました。
a0267855_10581338.jpg

少し甘みをいれた濃茶をブランマンジェにかけたら美味しいだろうと思って作ってみました。
濃茶の苦みと牛乳のコクで美味しいのです。

ギリギリのプルプル感にしたかったのですが…柔らかすぎました。

生クリームを入れるともっと美味しいだろうと思うのですが今回はなしでシンプルに牛乳と古式原糖だけ。

もっと改良の余地はあり、まだまだ完成品には遠いですが美味しく作れそうです。

作りたい想像を沢山もってそれを目指して作っていくというのは大事なことです。
失敗は沢山あると思いますが、成功に繋がるものであれば沢山やっても大丈夫。

やらないことが何よりもの失敗。私は釣りから憶えたのですがその意識があるかないかで、だいぶ違ってくると思います。
釣りは死んだ祖父から自然に教えてもらった大切な物。
それが今でも私のどこかに残っています。そんな大切な物を与えてくれた祖父には感謝してもしきれない。

その感謝の思いを大切にしながら、日々料理していきたいです。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-12-29 11:03 | 料理 | Comments(4)

この時期美味しいおでん。

夜帰ってくると妻が作ってくれていたおでん。
a0267855_1031667.jpg

温かくてとても癒されます。
とっても冷え込むこの時期にはもってこいの物だと思います。

大根もちゃんと面取りしてありました。
コンニャク(本当は糸コンがすきなのですが)が好きな私。特に栄養がないので〜
妻からはだから痩せとるんよ〜といわれます。

今回は入ってないですが餅キンチャクも大好きです。
出汁は昆布と厚削りをいれた出汁。厚削りが旨い出汁の要。

色んな食材の味が出汁にでて、大根がそれを吸いますので次の日、三日目の大根はとっても美味しいですよね〜。

おでんと熱燗でゆっくり飲みたいです。

寒い時期にみなさんもどうですか〜?!

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-12-25 10:31 | 日々のこと | Comments(4)

蒸したての渡り蟹

毎日の忙しさで更新できずにいました。
もう一週間位で新しい年なんですね〜早いです…あっという間の一年間でした。
a0267855_1047438.jpg

この前、活きている美味しそうなメスの渡り蟹がいました。
採れたばかりの活きの蟹が当たり前に食べられる瀬戸内海。本当にいい所です。

高価ですが…美味しいので許せます。

太ももの筋肉質の身はシャっきりしていて甘みもしっかり。

瀬戸内の渡り蟹は、他にもない誇れる食材です。
特に、内子(卵巣)も味わえる冬の雌の渡り蟹は至高の蟹。

蒸したての物をさっとせせってから、醤油に漬けた内子と蒸したてのみそをかけた渡り蟹。
内子はウニみたいな甘みがあるとっても酒飲みには憎いやつです(笑)

熱燗が飲みたくなる一品。

何にもしていないそのままの味ですが、それでも美味しいのが渡り蟹。

また買って食べよ〜っと。

渡り蟹美味しそう〜と思った方、応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-12-23 10:48 | 料理 | Comments(2)

お腹に優しいお粥

去年の同じ日に投稿していた蕪を使ったお粥。
何故か…狙った訳ではないのに今年も同じ日に投稿です。

a0267855_10433841.jpg

梅干しも自家製です。これが美味しくさせてくれます。見るだけで唾液がでそう…

最近何故か腹調子の悪い私。こんな時にはこれが美味しいのです。

春の七草に数えられるスズナが、私たちになじみの深いカブのことです。
胃腸を温め、冷えによる腹痛を予防する食品として古くから珍重されてきました。
摺りおろしてお粥の中に入れるだけ。

それだけなのですが、ただのお粥より甘くて美味しいのです。
風邪をひいている時にも…カブの滋味が体に伝わります。

体の芯を温め寒い冬を乗り切りましょう〜

蕪のお粥食べてみたいと思った方、応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-12-17 10:47 | 料理 | Comments(4)

垣内幸彦漆芸展 器あそび十日市店

先週の土曜日から開催されている漆芸展。
a0267855_10235470.jpg

お正月展も同時開催です。来年の干支や創作人形なども展示されています。
漆芸はとてもシンプル。日常使いに重宝しそうなものばかり。
こんな器達で年越し蕎麦を食べたり、正月の雑煮を…いろいろ出来そうです。

御膳やお盆、スプーンも素敵な物がありました。
小さい子供さんにも使えそうな物も沢山。
プラスチックと漆の物を使っていると子供は漆の方がいいみたいで″コレ″っていうそうです。
子供の方が本物を分かっているのかもしれませんね。
食べる事は回りの物も揃えて教えていくのが食育なのかもしれません。私も出来るだけそうしたいものです。

作家さんも昨日は在廊されていたのでお話を伺う事ができました。本当に優しい良い作家さんでした。

毎日使うみそ汁椀。それからでもいいので本物を近くに置くというのはいいことですよ。

この機会にお出かけを〜

漆の作品に興味を持たれた方、応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-12-16 10:24 | | Comments(0)

炊きたてのご飯

おいしい料理と聞かれたら、「素材の味や香りを生かした料理」と答え、好きな料理と聞かれれば、「炊きたての土鍋のご飯が一番」と答えるだろう。
どんなに手をかけた料理でも、日本人にとってご飯の美味しさに勝る物はない、と私は思います。

私の中では、上賀茂秋山さんの薪で炊いた御飯が一番美味しかったです。

a0267855_11494766.jpg

炊飯ジャーでボタン一つ。そんな現代なのですが、土鍋でご飯を炊くとその旨さに「ハッ」と気付かされます。
便利な物が出来るたびに何か失っているのかもしれませんね。

土鍋でご飯…大変だと思われますが、以外に簡単です。
ご飯一合をといで浸水30分。 水は同量180ccに酒を少々。
中弱火で30秒程の後、強火の中火くらいに切り替えます。沸騰したら蓋を開けご飯を箸でささっと混ぜます。そうする事で均一にいきます。

弱火の中火に切り替え8分位。
土鍋の蓋の穴から湯気があまり出なくなったらそのまま蒸らし15分から20分位。

最後に強火の中火でおこげをつけます。この時音をよく聞きぱちぱちと音がなりおこげのいい香りがしてきたら火を止めます。それでバッチリ。
a0267855_11491651.jpg

最初は失敗する事もあるかもしれませんが以外に簡単。しかもパリパリのおこげは美味し〜
炊けたらおひつにいれるともっと美味しい御飯になります。
日本人の知恵は、本当に素晴しいと思います。

便利な世の中ですが、原点に戻ってみる方がより食べる物に対して感動があると思います。
その感動を是非ご家庭でも…やってみませんか〜!?

土鍋の御飯おいしそうだなと思った方、応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-12-15 11:50 | 料理 | Comments(8)

鯛の淡々

淡々とはなんだ?
って思う方がいるとおもいますが、徳島の料亭青柳の小山さんが作った鯛の料理です。
味を付けないという境地の料理。
a0267855_10204029.jpg

軽く塩をして霜降りした頭を鍋にいれ、酒を多めに入れ落とし蓋をして火にかけます。
酒の量は鯛にかぶりすぎないくらいの量。この量で酒蒸しにしながら火を通します。
落とし蓋が重要です。これは絶対に使ってください。これをしないと作れません。

煮汁が半分くらいになったら、少しの薄口醤油と味醂で少しだけ味付けします。
それだけで完成。煮汁は少しあった方がお酒に合わせるときはいいかもしれません。

今回は煮汁がギリギリになるまで煮詰めて鯛のおいしい出汁を絡めてご飯に合うようにしてみました。
自宅ではその方がいいかもしれませんね。

この料理はシンプルなので素材の味が際立ちます。
天然物のいい物であることと、新鮮さが味を左右します。

日本料理らしい、引き算の料理ですね。
甘辛い鯛のあら炊きも美味しいですが、たまにはこんな料理もいいですよ〜

淡々美味しそうだなと思った方、応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-12-11 10:25 | 料理 | Comments(6)

花岡隆作陶展 2013

ギャラリー一葉で行われている花岡さんの作陶展に行ってきました。
昨年も12月上旬にありましたよね〜。恒例なのかな!?
a0267855_14392351.jpg

湯呑み素敵ですね〜

金曜日、土曜日とお店にご飯を食べに来て下さいました。

今月14日に三島で結婚式をされるとの事。おめでたいことです。
花岡さんが「独りでは何もできない」と、そうおっしゃっていました。私自身もそうなので共感しました。
a0267855_14402843.jpg

今回は自転車の話をず〜としておられました。そうとう好きなのだと思います。
仕事を持続していくのにはスポーツをして体力をつけないと…という話。なかなか出来ない…
ですが少しずつでも出来るように時間を使っていきたいものです。
ほとんど話で作品を見るのを少し忘れそうに…

ですが、しっかり見て触ってみました。
今回は伊羅保(いらほ)の作品もチラホラ。
a0267855_14395869.jpg

とっても美しい肌合いでいいなと思いました。


花岡さんの作陶展は14日(土)まで。時間のあるかたは是非行って触ってみて下さい。
手に馴染んで、欲しくなりますよ〜。

湯呑みいいな〜と思った方、応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-12-08 14:43 | | Comments(4)

牡蠣と白ネギのうどん

私が大好きなうどん。
夜遅くに妻が作ってくれました。
a0267855_102162.jpg

牡蠣に塩で下味を付け、片栗粉と小麦粉を混ぜた粉を少しはたいてフライパンでやきます。
お出汁は昆布と厚削りの出汁。

美味しい〜

薬味はやっぱり、茅乃舎の生七味。
a0267855_10224241.jpg

これが美味しいのです。柚子胡椒みたいな感じで使う事ができます。


いつもよる遅くに、出来立てのご飯を作ってくれるので感謝です。
牡蠣からお出汁も出るので牡蠣うどんというのもいいですね〜

この季節、温かい食べ物が美味しい季節ですね〜

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2013-12-07 10:23 | 日々のこと | Comments(2)