「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

無事に…産まれました。

金曜日の昼過ぎ…
陣痛が始まったと連絡がありました。

予定日の一週間前だったので早くなったのだと思い、立ち会う事が出来ないので一人でドキドキ。
何もする事が出来ずに、その日の夜はウトウトしては起きて何だかあまり寝ていなかったです。

仕事をしていても、気持ちがどうしても妻と子どもの方へ…
昨日の16時30分前頃、無事に産まれました。

昨晩は眠くて眠くて少し寝ていました。
a0267855_23264282.jpg

とっても綺麗な目をして可愛い♪男前です。

私は早朝に母と日帰りで、大分県別府のレディスクリニックへ。
初めて見る我が子は可愛いものですね。実感は未だに沸いてない様な…不思議な感じです。
a0267855_23275497.jpg

妻は27時間頑張って自然分娩で出産。頭囲36センチもあり、非常に大変だったのでは…と。
産まれた時にみんなが頭が大きいねっていってたそうなのでホントに大きかったんでしょうね。

妻と義母に本当に感謝です。お疲れさまでした。

母子ともに無事でこの上ない幸せを妻と感じています。
授かってからこの数ヶ月。そして子どもが出来るまで数年といろいろとあり、親になるにあたって妻と色んな事に向き合ってきた数年です。
a0267855_23263438.jpg

これからも大変な日々になるとは思いますが、楽しみながら過ごして行こうと思っています。

ってまだお盆までは寂しい一人暮らし。
7月20・21日の連休、逢いに行けるのでとっても楽しみです♪

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-06-29 23:33 | 日々のこと | Comments(30)

David Garrett in 六本木ブルーシアター

a0267855_1132498.jpg


母が大ファンのヴァイオリニスト デイヴィッド・ギャレット。
日本では知名度が低いですが、2012年からテレビで流れている渡辺謙出演の“スズキ ワゴンR”のテレビCM (現在も放映中)に使われているのが、
デイヴィッド・ギャレットの子供の凱歌」(TOTOのカヴァー)です。


先日、NHKのあさイチに登場したので少しは知名度も上がったかな?

技術力に裏付けされた表現力の高さ、サービス精神、ヴァイオリンを楽しんで弾いてる姿、弾き姿の素敵さ、表情の可愛さ・・・が大好きだと言っておりました。
飽きやすいと自分でも言ってる母が3年以上大ファンであるデイヴィッド・ギャレットのコンサートが7年ぶりに日本で開催されるとの情報が・・・
母国のドイツや、それ以外の国ではアリーナクラスのコンサートをしてるのに、なぜか日本では1000人も満たない会場で弾いてくれる。
こりゃあ、行かないといけないでしょ!と、最前列のチケットを押さえ、行って参りました。

妻も行きたかったとは思うんですが、今回は臨月でしたので…断念です。

今回はバンド編成で奏でるクラシックとロックのクロスオーヴァー。
a0267855_112933.jpg

始まりは客席の中段から登場して、楽しませるのが大好きなギャレットさん。
目の前を歩きながらヴァイオリンを弾いてくれたり(目の前5センチくらいまでいました.

ギターとふたりで演奏した曲 CRY ME A RIVER 



COLDPLAYの『Viva La Vida』がとても気に入りました。

a0267855_11324750.jpg

特に後者はよく知っている(母がギャレットのCDを聴いているので)というのもあるが、ベース、スネア、ハイハット等5種類くらいの音をストラディバリウスで弾いてエフェクターでループさせるという奏法で、総額およそ30億円の音色←(あるブログにて見てビックリ)

YouTubeは音質が…ではあります。生の演奏に勝る物はないですね。

しかもギャレットさんは表情も豊かで可愛く、声も素敵でした。
因に岩下志麻さんも来ていたとか(気付きませんでしたが)

黄色い声!?(もはや黄土色みたいな…)が飛んでいる中に最前列で聴いている坊主(私)も声を出していました(笑)
異質だったのではなかったかな…とも思ったのですがとても面白いコンサートでした。

ちなみに中央部の坊主が私です。左は母ではありません。
a0267855_1125456.jpg

↑誰かのブログから引用させてもらいました。

最後はビートルズのHey Judeをみんなで…
a0267855_113542100.jpg


ほんとお疲れ様でした。あっという間の2時間でしたが、とっても楽しかった♪
もうちょっと聴いていたかったな…
a0267855_11373899.jpg



デイヴィッド・ギャレッド本人も旅(クロスオーバー)に出ると、ホーム(クラシック)の良さがよくわかると言っており、
次回は是非、クラシックコンサートでの来日を楽しみにしています。

今年の7月には映画パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニストが公開になります。

俳優ではないのですが、主演・製作総指揮・音楽をデイヴィッド・ギャレットご自身でされています。
こちらも要チェックです。広島では広島サロンシネマにて7月19日公開です。
俳優自身が本当に弾いている天才ヴァイオリニストの生涯。
この映画も面白いと思いますよ♪

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-06-28 11:38 | 日々のこと | Comments(2)

白金台こばやし

日曜日、コンサートに行く為に東京へ。
妻は臨月なので、母と一緒です。
朝早く東京に向かい、昼頃に到着しました。そのまま目的地へ。

夫婦二人でされている料理屋さんがあると知っていたので、東京に行く機会があったら…と思っていた料理屋さん。
a0267855_11233724.jpg

昼のまな板ご膳をいただきました。

まずはまな板で色んな前菜が出てきます。ついつい昼からビールを飲んでしまいました♪
a0267855_11241549.jpg


冬瓜の玉蒸し、エビ入りのおから、枇杷の白和え、鱧子の玉締め、賀茂茄子と万願寺の煮物、アボガドの照り焼き、卵カステラ、ジャガイモの唐揚げ、鱧のアスパラ揚げ、白瓜の雷干し、ゴリ佃煮、白バイ貝旨煮、稚鮎のかわり焼き、玉葱の煮こごり、穴子の棒寿司。

どれもこれも手が込んでいて、優しい味付け。いい仕事をされているなと、とっても感心させられました。

お刺身は真魚鰹と鱧。醤油のムースでいただきました。
a0267855_11243841.jpg

醤油のムースは馴染みがないかもしれませんが、つけすぎる事もなくとても面白い発想ですね。

お椀はホッキ貝の真丈。
a0267855_11245665.jpg

母も美味しかった〜と言っていたのですが、ふわふわで甘い。美味しい真丈。
もっと食べたいと感じさせる様な優しいお椀。

炊きたての御飯。
a0267855_11251123.jpg

じゃこをお供に二杯も食べてしまいました。
a0267855_11251752.jpg

デザートは牛乳とはちみつのシャーベット。
a0267855_11253387.jpg

あっさりとしていて美味しい。

短い滞在時間でしたが、お話もしてくれて嬉しかったです。御馳走様でした。


ご主人は修行を神戸で20数年して、半年位前に東京で独立されたとか。
奥さんが接客してくれるのですが、着物に割烹着。私としても憧れる組み合わせ。
こんなお店がいいなと…一人で妄想してしまいました。


二人でされているので、お昼も夜も予約制です。場所もとっても落ち着いて、静かでした。
大切な人をもてなしたい時にオススメだと思います。
今度は夜に妻と一緒にいきたいな…

facebookもありますのでこちらも要チェックです。

ポチッと応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-06-24 11:45 | 料理 | Comments(6)

おむすびのお供に…

妻が里帰りして一ヶ月。

毎晩の御飯は帰ってからだと食べるのが2時近くになってしまいます。
最初の数日はやっていたのですが、断念。

片付けをしていたら大変なので、次の日の発注ついでに食べるの事にしたおむすび。
a0267855_8212338.jpg

まかないの残り物と一緒に頂きます。

先日、フレスタに行ったら三國屋さんの海苔を発見。
一つは焼き海苔、一つは味付け海苔。どのような品質か食べてみたかったので購入。
大きさもちょうどよく、一枚で一個を頂きます。
ぱりぱりして香りもやはりいいなと…。
味付け海苔も無添加でしているので美味しすぎる事もなく割と通好みのさっぱりとした味。

ささやかな、毎日の夜の楽しみです。
[PR]
by shin7300 | 2014-06-21 08:24 | 日々のこと | Comments(4)

新蓮根蒸し

透明感のある蓮根。
新蓮根は真っ白。そしてシャキシャキしています。
おろした蓮根も透明感のある白。

甘鯛を軽く塩しておいた物と蓮根を蒸し、甘鯛の骨の出汁で薄めに餡をタラリと。
a0267855_10575956.jpg


初夏の涼味です。
白い物には何か魅力がありますよね。 妻も大好きな色。
白シャツ、白い靴大好きなんですが…よく醤油をこぼしたり、前しか見てなくて泥だらけになったりと私の性格にはあっていない色なのかも?!
憧れでもいいので白い色、大切にしていきたいです。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-06-19 11:00 | 料理 | Comments(6)

甘鯛煮麺

甘鯛の中骨や腹骨に塩をしておいて、魚焼きグリルで焼き目が付く位やいておき、昆布だしに酒をいれたものにいれ、出汁をとっていきます。

塩と薄口のみのシンプルな味つけ。

甘鯛の何ともいえない出汁が調味料です。
a0267855_11361989.jpg


煮麺好きの私としてはこれは外せない一品です。
因に上にのせる甘鯛の頭は焼いてパリパリのそのままをそえます。
パリパリの皮などを最初に食べてから後の身は出汁との調和を楽しみます。

美味しかったのですが…一人で作って食べるのはハリがないです〜(^^;)
食卓は家族や沢山の人と食べるから美味しいんですよね。
あと二ヶ月…一人で頑張りま〜す。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-06-18 11:36 | 料理 | Comments(6)

一日漁の甘鯛

美味しそうな甘鯛があると思ったら…
a0267855_11371545.jpg

一日漁の甘鯛。

450gくらいのちょうど使いやすいサイズ。
脂ものってそうで、しかも身もしっかりしていました。

この一日漁という、昔ながらの伝統の漁は今、全国で姿を消しつつあります。
新鮮でとっても美しい甘鯛。
私には調理して食べてもらうのが一番。鮮度抜群なので臭みもなく様々な調理に合います。

まずは…
甘鯛の昆布締め。
a0267855_11365384.jpg


ねっとりとして、繊細な甘みのある身は他の魚にはない旨さ。
これはついついお酒がススム一品です。
鮮度のよさについつい調理しながら一人で寂しくテンションが上がっていました。

新鮮で美味しい甘鯛。何の料理にしようかな〜って考えるのが楽しいひと時です♪

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-06-17 11:41 | 料理 | Comments(4)

余宮隆作陶展  ギャラリー一葉

13日から始まった余宮隆作陶展にいってきました。
a0267855_2473727.jpg

前からとても楽しみにしていました。
素敵な器が沢山
a0267855_248595.jpg

余宮さんは19歳の頃、唐津・隆太窯にて修行。
独立は30歳だったそうです。今は熊本・天草にて”朝虹窯″を開窯して10年。

登り窯から生まれた酒器、花器、一点ものや食器など400点が揃っています。
個展前日、一葉の岸本さんが、店に余宮さんを連れて来てくださり「一葉始まって以来の数だよ」と…

ご家庭に登場する機会の多い器から料理屋さんが使いたい様な器まで揃っています。
都内でも人気の作家さんですので、早めに行く事をおすすめします。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-06-14 10:33 | | Comments(2)

なぜ有機農業なのか

a0267855_11315219.jpg

30数年前に始めた私ごと有機農業なのですが、今や地域の中における農業は担い手、大規模、大量生産の農業は今急速に進められてきています。
TPPにおける自由貿易の対応策としての国策としての現状の中に、より地域の中で活発化されて、畑の集約化、大型化に向けての圃場整備事業もつぎつぎに広がってきて、近い将来は地域の農業とは、大規模化に成功した農家だけしか生き残れない時代を迎えていくのではと思っています。
そして、大規模化された中での春のブロッコリーの収穫が地域の中でピークを過ぎていく。
そんな農家と語り合う時に、驚く程に高所得化が進んでいる姿に、みずからの経営が恥ずかしいくらいです。農薬や化学肥料をより多く使う農業ほど経済が高くなっていく現状に有機農業や自然農法とは、今や心の豊かさや自然を守るだけの農業なのだろうか。

そんな時代をむかえつつ自らの農の姿は、少量、多品目、しかも農薬や化学肥料を使わない、しかも昔ながらの在来種にとこだわっている複雑な小規模的農業が、しばらくは地域の中では、注目はないだろうし、いまの大規模化時代の農業の流れに逆行しているのではと思える。
自らの農業に、しばらくは地域も関心はなくなっていくのだろう。
私は、これからしばらくは、地域の中では邪魔な存在にまでなっていくのではと思っています。
何だか30年前に有機農業を始めた頃にまたもどってしまったようにも思います。

長年やってきた有機農業の生産者が拡大する基盤整備事業の中で有機農業に見切りをつけてまた前の農業に一人、また一人と大規模化に向けてふたたび帰っていく。
こんなに寂しい事はない。つくづくと有機農業とは基準ではなく人づくりにあったように思えます。
経済性を考えれば価格差があまりなくなった今、所得が低下してきている有機農業に魅力がなくなってしまったのだろう。

なぜに今までこのような有機農業が、守り続けられてきたのかは、生産者の周りに支えようとしていた生産者がたくさんいたからだと思います。
生産者と消費者の提携のなかで、広がっていった有機農業でした。
しかしその支えられていた消費者とは、年々に減少を続け、生産者とは続けていく為には、消費者が少なくなった事を、色々の有機宅配流通に、ホテルへ、レストランへ、そして売り場へと続けていく為には形を変えていく。
外国では、日本から始まったCSA型有機農業の姿が広がっていき、なぜか日本では、反対に低迷していく。

農業における農薬や化学肥料の問題は、いつのまに失われつつある。
特別栽培や減農薬、エコファーマー制度などの普及の中で、有機農業の価値観が、失われてもきていると感じます。農薬や化学肥料を使わないとは、実に手間と時間がかかって大変な農業でもある。
特に今の時期とは、雑草が所狭しと生い茂り、除草に追われる毎日。隣では私の農業ではとても手が出ない大型のトラクター、乗用の定植機が畑の中の道路を往来する。
時間が止まった私の農業に、ふと、未来の農業とはなんだろう。

というプリントが長崎の岩崎さんの野菜と一緒に入っていました。
これを見た時に何故か涙が出てきていて私に、何が出来るのだろう?
自然にあるべき事が、人の勝手でありかたが変わりつつあり、本物が見えなくなってきている。

必要以上に美味しいのではなく。何だか美味しいね。という野菜はなくなりつつあります。
私に何か応援できないものか?!一生懸命作ってくれている野菜は愛を感じます。
それを伝える大事な役目。私の課題。
色んな事を考えていかないといけません…
[PR]
by shin7300 | 2014-06-10 11:32 | 食材 | Comments(4)

地ぐ酒ぐ 2014

昨日は日本酒の一大イベントでした。

私の勤めているお店は中島屋。
とても美味しいお酒です。
a0267855_1022681.jpg

つまみは五種類。
牡蠣の塩辛やっこ
a0267855_1024427.jpg

地御前かきの燻製
a0267855_103093.jpg

湯来ほんもろこの唐揚げ 木の芽味噌
a0267855_1031386.jpg

銀華桜豚と大根の煮込み
a0267855_104942.jpg

燻製魚のリエット 実山椒
a0267855_1042469.jpg

裏メニュー。
小イワシの魚醤焼き
a0267855_1044157.jpg


忙しく750名様位の来店がありました。
14時から21時まで長丁場でしたが、皆様お疲れ様でした。
私は朝の3時までしっかりと飲みました。楽しかった〜♪
[PR]
by shin7300 | 2014-06-09 10:08 | 日々のこと | Comments(4)