「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

賀茂茄子揚げ煮

日曜日、広島朝市で発見した賀茂茄子。
まんまるで綺麗な形をしていました。食べたくて即購入。

何にしようかなと考えていると、家に小エビがあったのを思い出してそれとあわせよう♪

a0267855_1011967.jpg

作り方は賀茂茄子を切って箸で少し穴をあけて、フライパンに太白ごま油をしいて中火の弱火くらいで火入れ。
焦げ目がついて来たらとりだします。
油が気になるようだったら油抜きをしたほうがいいかなと思います。

出汁に酒と味醂少々、薄口で味の輪郭をつけて濃口を少したらします。
その中に干した小エビをたっぷりといれ、茄子を入れたらさっと炊いてから冷まします。

しっかりとふり柚子をすると風味がいい。
とろっとした茄子。あ〜美味しいなと感じます。

因に残りはぶっかけ素麺にして出汁も全部頂きました。
秋茄子。身が締まって皮も薄く美味しい時期です。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-09-29 10:13 | 料理 | Comments(6)

零余子御飯

零余子(むかご)最近ではあまり馴染みのない食材かもしれません。
私は料理をしているので、秋になると塩蒸しが食べたくなります。
妻が大好きな食材です。

むかごとは山芋の葉の付け根にできる球芽です。
山芋は地中にのびて行きますが、地上では蔓になってのびていて、その枝分かれにできるのが零余子です。

もっとわかりやすくいうと山芋のあかちゃん。
調理法も簡単で、くせのない味は料理を選びません。

日本人に不足しがちな鉄分やカリウムも豊富で、山芋よりも栄養価が高い。
さらに皮ごと食べることができるので、繊維も摂取することができたりといいとこだらけです。

栽培の物もでていますが、やはり香りがよいのは天然の自生しているもの。
それをすり鉢でささっとあらい白米と水、酒少々と塩少々入れてむかごをたっぷりいれます。
a0267855_2219539.jpg

秋の香りを含んだ御飯は最高の御馳走です。


語源を知りませんでしたが、調べてみると…
零余子(レイヨシ)については大方の想像が付く。零は雨の滴(しずく)の意であり、転じて僅か・少ないの意となった。零余は残りが極めて少ないの意である。端た金の「はした」の意もある。なお零は静かに、こぼれるように落ちるさまを表すときにも用いられる。
 
察するに由来は「むかご」の食べ物としての大きさと、茎から離れ落ちるときの様とにありそうだ。
その粒は地中にあるヤマノイモと比較して余りに小さく、蔓から離れる様はまさにこぼれ落ちるの形容がぴったりする。もっとも観察には詩人の目が欠かせません。

と、いうことで今日はtanaさんに真似て一句。

きくの露落て拾へばぬかごかな 芭蕉


私は文才がなく残念なのですが、さらっとブログでご紹介されているかたを見ると羨ましくそして素敵だなと感じてしまいます。
今更ですが、料理にも何か通じるものがあると思いますので少しずつ勉強していきたいものです。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-09-22 22:21 | 料理 | Comments(8)

鱧煮麺

安くなっている鱧。

名残の季節ではありますが、脂がのってきていて美味しいです。
大好きな素麺と一緒に。

骨と頭などは昆布とお酒と一緒に出汁をとります。
味付けは塩少々と薄口醤油です。
a0267855_1128997.jpg


魚の出汁の中でも上品な味が出る鱧。
とっても好きなお出汁です。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-09-18 11:30 | 料理 | Comments(2)

炙るって旨い。

脂がのって安くなって来た秋刀魚。

三枚おろしにして、骨を抜いて皮を付けたまま塩を軽く降ってバーナーで炙ります。
a0267855_127552.jpg

少し冷ましてパリパリのまま沢山の薬味と一緒にいただきます。
大葉、茗荷、葱これは父が持って来てくれたもの。香りが違います。

炙ると脂が浮き出て来て、香りが凄くいい。

食欲の秋を感じました。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-09-14 12:10 | 料理 | Comments(4)

同じお題で書きましょう ”おふくろの味”

おふくろの味、考えると難しい物ですね。
巻寿司やちらし寿司は祖母ゆずりでとっても美味しいです。
a0267855_1141227.jpg

四人家族で、男三人なので食べ盛りの頃は本当に大量の料理でした。
a0267855_11391847.jpg

a0267855_11394432.jpg

魚の料理が割と多かったと思います。
ぬたや、鉢いっぱいに入った広島の郷土料理でもあるちしゃもみという料理。
これは本当に好きでした。

酢の物(さっぱりとした)が昔から好きだったのかも。

冬はフライパン一杯に作った、寄せ鍋うどん。
こぼれる〜といって母が食卓に持って来てくれていたのが楽しく覚えています。
いろんな食材が入っていてとっても美味しかった。

いつも三食作るの大変だったと思います。
いまでも何か作って持って来てくれたりします。感謝ですね。

たまに実家に帰り御飯を食べると、ホッとするんです。
そんなホッとする味を息子にも感じて欲しいな〜と思います。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-09-12 11:42 | 日々のこと | Comments(12)

料理の色

一ヶ月前くらい。

ある飲食店の方と一緒に間中居にて料理教室に伺いました。
何でもいいので野菜の料理。というのが私達のお願いしていた題材でした。

料理のベースとなる食材の味をシンプルに紹介してもらいました。


色の勉強。
緑と黄色のズッキーニ、トマト、カリフラワーの四種類。
味は出汁ではなく、何と水。
a0267855_9393295.jpg


確かにこの方がそのものの味がしっかりと浮き出てきます。

盛り付けも各自ご自由に…というのがここの料理教室。
ほんと自由で楽しくなり、無口になります(笑)
a0267855_940619.jpg


ゆっくりと食材の味を味わう事がない昨今。
この様な食の提案を子どもにも教えていく事が大事だと感じています。
安心・安全な新鮮野菜をシンプルに頂くという事がどれだけ体に大事な事か。

毎日のことなので、
ついつい…ささっと食べてしまう事になりがちですが私達大人もたまには立ち止まり、ゆっくりと食事をして食材と向き合いたいです。

最後に吉加さんがデラウェアを剥いて作ったジュースを頂きました。
a0267855_94464.jpg

これにするのにどのくらいのデラウェアを剥いた事か…

この手間ひまも御馳走でした。
因に味はとびっきり美味しかったです。
ありがとうございました。


応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-09-06 08:30 | Comments(4)

母と妻の誕生日会

日曜日に母が誕生日でした。
9月の頭に誕生日を迎える妻と一緒に両親とささやかな誕生日会をしました。

鱧煮麺と秋刀魚の炙り寿司とオクラの和え物を作っていました。
あまり料理を作る事が出来なくて、残念ですが喜んでくれました。

妻が作ったシフォンケーキにデコレーション。
広島の無花果を沢山のっけてくれました。
a0267855_1215448.jpg

母がロールケーキを作って来てくれていたので食後の珈琲タイムがいい感じ。
a0267855_1222038.jpg


子どもと一緒に迎える初めての誕生日。

みんなで、楽しい一日となりました。

応援よろしくお願いします。→広島ブログ
[PR]
by shin7300 | 2014-09-02 12:02 | 日々のこと | Comments(8)