「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

村上躍作陶展 2015

ギャラリー一葉で7月4日まで。
昨日伺ったので、人気のポットは殆どなくなっていました。
今回から中国茶器も登場。

私のお気に入りはこの花器。
a0267855_14132669.jpg


古い屋根の瓦の様なすてきな質感。
暫し眺めていました。

花も蛍袋の白、綺麗でした。
[PR]
by shin7300 | 2015-06-30 14:14 | | Comments(4)

一升餅

昨日は息子の、満一歳の誕生日。
広島の老舗、林の餅で餅をお願いしておきました。
a0267855_727503.jpg

「一升」と「一生」を掛けて一生食べ物に困らないように。
「一生丸く長生き出来るように」と願いを込めて。

子供が背負い立てない姿、転ぶ姿を見守りました。
つたい歩きがメインの息子。
食べ物には目がないので、丸ボーロを皿に置きリュックに餅を入れて再度挑戦。
重みを忘れ、食べ物に真っ直ぐに歩く息子は力強い。
a0267855_7282153.jpg

テーブルをぐるぐると得意のサイドステップを披露♪
こりゃ〜大丈夫だ。と両親と共に大笑い。

父が誕生祝にと笠子(かさご、ホゴメバル)を釣ってきてくれました。
a0267855_735686.jpg

酒塩煮にしたら息子がしっかりと喜んで食べていました。
春菊も父の畑で獲れたもの。香りがいい。


最近色々思う事がありますが、何かの時の為に私は食べれるものを育てる技術。
そして、火をおこし調理する技術位は身につけ息子に教えたいものです。
[PR]
by shin7300 | 2015-06-29 07:29 | 日々のこと | Comments(14)

野蕗うるめ煮

野蕗を先日、叔母に頂きました。

ボイルして皮を剥き、スジをとりキンピラみたいに作りました。
太白ごま油で炒めて酒少々と味醂少々いれ更に炒め、最後に薄口をいれうるめ節を少し入れたら
出来上がり。
a0267855_0241741.jpg

御飯でも酒でもいい。
野蕗は香りがよくていいですよね〜
[PR]
by shin7300 | 2015-06-25 00:24 | 料理 | Comments(2)

変わらなくてもいいデザイン

1ヶ月位前。
ギャラリー一葉で、染付けの茶碗を見つけた。
愛らしいデザイン。

茶碗って毎日持つ物ですが、なかなかいい出会いがありません。

何故かふとした時に、この茶碗が頭から離れなくなっていて
妻のと二つ。買ってしまいました。
その時に、岸本さんと話した事。
「これ置いてるの、今だったら一葉ぐらいです」と作家さんに言われたそうで、
作り手としては飽きられない様にとか、自分がインスピレーションを受けた物を新たに取り入れて自分の形を作る。
でも、
「紹介している私が好きなんだからいいじゃんね〜」ってあっさり。

10年前のままのデザイン
a0267855_037774.jpg

単純にこの言葉に意味があるなと。

私も作る人なので分かりますし、食べる人の目線でも見ないといけないと感じています。
変わっていい料理もあるかもしれないけど、変わらずにいてもいい料理もある。


器のデザインの話から、ふっと出て料理とも関係があるのか?と思いながら、
色んな事と照らし合わせている事。
物作りの人と話をしていると、料理が出来そうな気がしていたり共感したり。
楽しいんです。

時間はとても早く過ぎていきます。
変わる事、変わらない事。一生懸命考えます。
[PR]
by shin7300 | 2015-06-24 00:42 | 日々のこと | Comments(4)

あんこが決め手

広島県産のジュンサイをtanaさんから頂きました。

あんこが決め手っといったのは料理人の中で、ジュンサイのゼリー状の所を指します。
最初広島が名産だと知ったのは、京都和久傳で12年前くらいに食べた時です。
ビー玉みたいな物があったんだ〜と感動した覚えがあります。
a0267855_813312.jpg

今回の食べ方は、トマトの透明な出汁をとりそれに塩を少々。
これだけです。
清涼感あるものと相性はバッチリ。ジュンサイも湯がかずにそのままです。
土佐酢を出汁で薄めた吸い酢で食べるのも好きですが、こういう食べ方もいいなと思いました。

素材のシンプルな味わいを引き立たせる。
最近は食材がよければ、私はより自然な調理法を選択してしまいます。
[PR]
by shin7300 | 2015-06-21 08:15 | 料理 | Comments(6)

コハダ酢締め

ついつい食べたくなって買っちゃいました。

強めの塩をして、洗い、酢締め。
酢で締めた魚は旨い!し酒のアテにもなります。

a0267855_51940100.jpg


青魚好き嫌い分かれますが、私は大好きです。
a0267855_5224323.jpg


広島湾の小イワシが解禁して少し経ちます。
そろそろ食べたくなってきました〜。
[PR]
by shin7300 | 2015-06-19 23:25 | 料理 | Comments(4)

塩猪肉じゃが

スジの部分から離れた脂が多い所の身。
炭火焼で塩とこしょうをして、焼いているといっても脂が多い。

どうしようか?と思ったとき、熊本の祖父母から頂いたジャガイモが出てきて。
これだ!
肉じゃがにしてみよう
a0267855_6364621.jpg

猪の肉でジャガイモとニンニクを丸のまま入れて炒め、昆布だしとお酒少々いれて炊きます。
人参と糸コンも入れました。
煮つめて味醂少々、塩だけの味付け。

結構いける。
ジャガイモが美味しくなってる。
しかも肉自体も旨味が残っていて、かんでもしっかり味が出る。

ミンチにするという結論に達したくないけど、やはりミンチにした方がいいかな。
あとは火入れで味わい方が、かなり変わると思います。

写真は雑な盛り付けですが(笑)
この肉じゃがは美味しかった〜。って言えます。
[PR]
by shin7300 | 2015-06-17 06:38 | 料理 | Comments(2)

猪と冬瓜

先日の二日目の酒宴。

粭島の料理人の方が持ってきていた、残りのスジの部分。
炭火で焼いて、そのまま食べるのは無理だという私の判断から持ち帰り試作させてもらいました。

まずは今が出始めの冬瓜と炊き合わせに。
a0267855_1451752.jpg

猪のスジは炊くと味が出汁に出てしまうので、あえて炊かないという方法に。
そうしたら肉に旨味はあるけれど、凄い固い。
ブリジストンのタイヤみたい。かんでもかんでも飲み込むタイミングをつかめません。
でも本当に嫌な匂いもなく、旨いんです。

なので次はしっかり炊いてみました。
少し柔らかくなるけど旨味が出汁に抜けている印象を感じました。

圧力をかけて炊くというのも考えましたが、結論としては何を作りたいか?
と言われている気がします。
固いけど、味が有る。柔らかいけど、味がない。
どちらも一長一短。

でもスジの固さ、肉の旨味を最大限に生かす為に失う物も多い。
ので私は食材のありのままの味を味わって頂いた方が面白いという結論に。
柔らかくして味がない。
という結果には、したくないなって思います。

何故なら、臭みも嫌な感じもなく旨いから。

活かすも殺すも手をかけさせてもらう料理人次第。さてどう向き合っていこうかな。
このゴールの見えない感じが、何故かワクワクしてきました。

何年かかっても挑みます。
[PR]
by shin7300 | 2015-06-15 23:49 | 料理 | Comments(4)

初参戦!地ぐ酒ぐ  2015

三日目の酒宴は、歩き回る酒イベント

前年までは、料理を作りお酒を出す側だった地ぐ酒ぐ。
初参戦する事が出来ました。

大工さんと、父と私の4人でまわりました。
a0267855_52797.jpg

まずは山人 お酒は白鴻
a0267855_53238.jpg

おつまみも4種類べつで選びました。
a0267855_525399.jpg

熟成の燗がとても美味しく、やはり燗だなと再確認。

二件目は独楽 お酒は雨後の月
a0267855_535344.jpg

猪鹿カレーうどん

三件目は田心 お酒は龍勢
a0267855_543721.jpg

龍勢との出会いは20歳頃、竹原の前川酒店で母が買ってきてくれたのか最初の頃に飲み始めたのがこちらのお酒でした。インパクトがあり冷やで飲んでいましたが、お燗が好きになってしまった昨今は燗酒をメインに頂いています。

夜の帝王を燗で。 
こちらも別々のおつまみで
a0267855_5595155.jpg



四件目は、はせべ お酒は西条鶴
a0267855_553513.jpg

小さい蔵ですが好きなお酒 蔵楽

こちらは自家製のハム 酒粕のたれが旨かったです。

その後、袋町の辺をうろつきギャラリーたむらで青木良太の器とランプシェードを見ました。

30分程見てまたジグザグ復帰。
それから写真はありません…それどころじゃないし、とりあえずもういいやって
楽しむ事に専念・専念。

五件目はキヨマサ お酒は宝剣
爽やかなタイプです。雨後の月と同様、私の産まれた町の隣町で作っているお酒。
こちらは巻寿司とヨコワ鮪のづけ握りでした。

6件目はいちか お酒は妻も好きな鳥取県の辨天娘
こちらは鳥皮と野菜の煮込み。美味しかった〜
こちらで生もとの山田錦の燗を頂きました。
息子さんと初めてお話する事ができ、酒蔵見学にいく約束をしました。
西条の掛井酒店の店主さんと、生前にこちらに行く約束をした位、好きな酒蔵さんで
実直な酒造りの姿が少しだけ見えた様な気がします。

娘さんは、何と広島の竹鶴さんに嫁入りしたんですよ〜。
結婚前日、私のいた店に家族みんなで来られました。


7件目は茶の間 お酒は邑南町のお酒″玉櫻″
こちらはポテトサラダ、オイルサーディン、野菜の煮込み
やはりこちらも燗酒で!
玉櫻はそっくりな素敵な兄弟で酒を醸しておられます。
二年前の島根の日本酒イベント″エンズイギリ″で父が玉櫻ハッピを手に入れ、
今回もイベントに参加。

8件目は渓 お酒は島根の開春。
鞍掛豆の浸し。小干し烏賊の炙り
こちらも燗酒で特別純米を!

9件目は四季祭 八重の露
鰹のツナサラダ、豆腐の味噌漬け
こちらでは冷やでさっぱりと頂きました。

10件目は焦がし焼きそば嬉一 竹鶴
もう何食べたか覚えてない…でも石川杜氏と少しお話しました。
こちらでは25BYの秘伝を燗酒で。

11件目で最後 そらや 扶桑鶴
魚の胡麻醤油和え 
最後も燗酒でした。

その後、ムッシムパネンさんでケーキを買い。

そして最後の酒場″我が家″
で17BYの十字旭を燗酒で。やはり十字旭うまいな〜って私の両親、兄も十字旭大好きなんです。
私がはめてしまった。でも旨いんだもん!!
是非来年は地ぐ酒ぐの県外酒で入ってくる事を願っています。

妻が作ったおでん、そして母が作ってくれたニラ玉子。最高のアテ
締めは野菜たっぷりのうどん。で地ぐ酒ぐの終わり。
最後は、うだうだ言って面倒くさい典型的な痛い人になってたみたいで、
次の日とっても反省しました。もう何度反省した事か…
妻にも叱られ、母にも未だに叱られ…
情けない結果に。

色々あったけど、何とも楽しい酒めぐり。
初めてまわって思った事は楽しい!
そしてとうかさんの感じを少し見る事も出来、なお楽しい。
でも酒は飲んでも飲まれるな!という反省点を踏まえこれから酒と向き合います。

何回飲まれた事か…次こそは頑張るぞ〜





参考になる事が沢山ありました。
お店を作る事になると、一つ一つが気になり、
あ〜でもない、こ〜でもないと色んな考えが飛び交います。

お酒を楽しむのはもちろんですが、お店を作る側でも見る事ができ有意義でした。
[PR]
by shin7300 | 2015-06-13 22:23 | お酒 | Comments(4)

屋外料理と酒宴

先週末、酒宴が3日連続してありました。
これは2日目。

大工さんと知人の方+粭島の料理人(手打ち蕎麦と石釜ピザ)+私の会合。

大工さんが大畠の橋付近で獲れた、今が旬の2キロ以上の鱸を用意してくれました。
活け締めにしてもらったものを持ち込み外で調理。
a0267855_22325692.jpg

前日まで何しようかな?と色々考えて、
魚を見て最後は考える事にしました。
いい太りをした鱸。身もプリプリで、
脂ののりもほどよく最上の品質だとおろして確信しました。

魚の部位によって調理法をかえてみました。

まずは薄引き
a0267855_22321849.jpg

といっても、薄過ぎたら旨くないので少し厚く引く方が旨いです。
これはポン酢と蒲刈の藻塩、薬味(青ネギ・生姜・大葉)か大根で食べてもらいます。

皮を付けたまま炙り皮が温かいままの刺身
a0267855_6491378.jpg

これは塩とお好みでオリーブオイル。

りゅうきゅう
a0267855_650742.jpg

薬味をたっぷりと

部位によって味の違い、味わいの方の温度帯を変える。
結果、色んな楽しみ方が一匹で出来ます。

皮は湯引きして山葵塩とオリーブオイル
a0267855_0573223.jpg


頭は現地で塩をして、家付近を散策して野蕗を発見したので
蕗の香蒸しにしました。
味付けは東洋美人のお酒、昆布出汁、塩だけです。

こんな事した事ないけど、野蕗のむいた皮と葉をいれ香りが立つのを想像して作ってみました。
薪をくべながらの料理。
お邪魔した家のお母様と一緒に、お話をしながら楽しんで作りました。

a0267855_0583682.jpg


開けたら蕗の香りが漂います。
a0267855_0592876.jpg


飾りっけない料理
a0267855_0595391.jpg

昆布、出汁までうまい!

カラスミを少々
a0267855_6592575.jpg


ビールを飲みながら、料理を作りながら、食べながら、色んなお話をさせていただきました。
大工さんでも自然乾燥の木を相手にしている方ですので、
学びの多い酒宴となりました。

最後は粭島から持ってきてもらった猪を焼きました。
肩の部位で、凄く綺麗な赤色。
塩こしょうして炭火でやきました。
仕上げは蕗の葉で巻いて香りをつけます。←思いつき
a0267855_13266.jpg


肉自体の臭みがまったくなく美味しかったです。肉に味がある。
a0267855_135163.jpg

独特の香りがあるかなと塩を少しきつめにしておいたのが反省点。
もっと優しい塩加減でも大丈夫でした。

あっという間に時間は過ぎ…夕方に
田に映る夕日に目を奪われました。美しい!
a0267855_142337.jpg


学びのある酒宴またこれに懲りずによろしくお願いします。

出会った皆様、本当にありがとうございました。
[PR]
by shin7300 | 2015-06-11 15:26 | 日々のこと | Comments(4)