魚釣り

 私の趣味は釣りです。

 つい先日他界した祖父から3歳ぐらいの時に教えてもらいました。

 広島は牡蠣筏の上でカレイを釣ったりするのですが、よくちょろちょろして、
 怒られた思い出があります。

 祖父は鮎も捕るし、鰻も、松茸とかもとるし、米も作りながら農業もしていました。
 当たり前のように子供の頃からそれを見てそだった私は、今の職業に就いているのかな?
 と思います。

 よく夜釣りに連れて行ってもらっていたのですが、そこの場所で同じくらいの歳の子供と
 仲良くなったり、おじさんに「釣れますか?」と、聞いたりしていたことも
 社交性を自然に身につけるきっかけになったとおもいます。

 自分が人間である以上、パソコンとか携帯とかに依存しないでもいいような力を持たないと
 駄目だと思います。

 そんな力を自然に教えてくれた祖父には感謝しています045.gif
a0267855_10245785.jpg



 
 
[PR]
# by shin7300 | 2012-05-12 10:26 | 釣り | Comments(1)

決断力

 将棋の羽生善治さんが書いた本です。

昔勤めていた社長の知人から頂いたものですが、1年前(もらって4年くらいたってしまった008.gif)に初めて読みました。
文庫本は、なかなか時間がないと読めないのですがこの本は割とすらすらと読めました。

この中で才能とは同じ情熱、気力、モチベーションを持続する事である。
という所があるのですが、そうあることができれば今やっている仕事(何でも)が
楽しくなるのではないかと思います。

自分の決断力はと言われると...切羽詰まるとこもあるし、キッパリしてるところもあるし。
正直微妙025.gif

この本はどんな職業に就いている人が見ても(おそらくですが)共感できるオススメ本です。

決断力 (角川oneテーマ21)



[PR]
# by shin7300 | 2012-05-11 10:19 | | Comments(1)

和包丁

a0267855_10111867.jpg
仕事で使っている包丁です。
ただ今は刺身を切ってないので使っていませんが008.gif

前の店ではカウンターで刺身を引かせてもらっていました。
上から鱧の骨切り
薄刃(菜切り・関東型)
柳刃包丁の本焼尺一(33㎝)
てっさ包丁の本焼尺(30㎝)a0267855_10153650.jpg                                                                                               富士山に日の出です→                                             



鰻サキ包丁です。
柳刃包丁とてっさ包丁は本焼といって、刀をつくるのと同じ作り方で
作っています。
包丁を焼く温度は900度ぐらいで土を刃の薄い所と厚い所の火入れを
均一にするために薄いの所は熱が入りにくい土を、厚い所は熱が入りやすい土を、
とやってるのですが、しのぎの部分に刀によくある波紋が出てて、すごく良いんですよ001.gif

今では手間のかかるそんな事をしないで、大量生産の方に行っていますが、
絶対に手間のかかった物の方が、長持ちするし、いいんですよ。
そんな物が残れるように自分も知って、使って後世にも伝えていきたいですね。
[PR]
# by shin7300 | 2012-05-09 10:21 | 料理 | Comments(1)

大島紬

a0267855_244544.jpg

 何か別に誰が見てる訳でもないのにお題を何にしようかと(色々あるだけに)
悩んでしまいました。

 私は、5年前の23歳の時に結婚したのですが、
奥さんにうちの母親が昔、結婚の時に仕立てた大島紬を着ないから仕立て直して
譲ってくれました。

 奥さんは仕事でも着物を着るし、着物がよく似合うので私もうれしくなりました。

母親と仲良くしてくれてありがとう。(父親ともですが)
これからもよい仲であってくださいね。





 
[PR]
# by shin7300 | 2012-05-02 02:46 | 骨董 | Comments(1)

古染付

a0267855_8234156.jpg


 広島市内の和食店に勤めています。
今日から日々の出来事を綴っていきたいと思います。

とある京都の骨董商の方から購入した器です。
中国の明時代末期に景徳鎮窯で焼かれた染付磁器です。
詳しくはこちら
当時は薪窯で磁器を焼く事を当たり前のようにやっていたそうですが、
実はとても高度な技術と感性を必要とする事ですよね....

この器は菊の染め付けの横に、あやめ?が彫られています。
ぱっと見、菊に目がいってしまいますが実はよく見ると陰と陽の景色が
いいんですよ〜003.gif

料理もそんな感じでぱっと見よりもなにか感じれる料理を作れるようになれると
いいなと思います。

この400年も生きてきた器に合うような料理を作っていきたいです。
[PR]
# by shin7300 | 2012-04-30 23:07 | 骨董 | Comments(2)